花粉症の2018年のピーク時期は2月?対策方法はヨーグルトや薬?

2018年は花粉が結構飛ぶようです。飛散量は平年より多くなる地域がおおいそうです。まだ1月ですが、すでに花粉症が発症している方が増えているようです。

2018年のスギ花粉、ヒノキ花粉の飛散のピークはいつ頃の予想でしょうか?そして、花粉症の方はしっかり備えておいたほうがいいかもしれませんね。

花粉症の2018年のピーク時期予想

花粉症は、スギ花粉やヒノキ花粉が有名です。花粉症の方はすべての花粉に反応する方もいれば、特定の植物の花粉にのみ反応する方もいらっしゃいます。

沖縄や南西諸島などを除きほぼ日本全国で飛散しますので注意が必要です。

もともと花粉は人体には無害な異物になりますが、それを害のあるものだと身体の免疫システムが反応してしまい、アレルギー反応として鼻水やくしゃみ、体の気だるさなどの症状がでてきます。

アンケートによると、鼻水が辛い症状のランキング1位になるようですが、やはりそうですね。水っぽい鼻水が、時間を問わずたくさん出てくるので大変です。

2018年の飛散予測では、スギ花粉、ヒノキ花粉ともに飛散量は平年よりも多い地域が多いようです。

スギ花粉のピーク時期

2018年は北海道や東北を除きすでにスギ花粉の飛散が始まっています。

アンケートによると、すでに症状を感じている方が多いのは、群馬県や山梨県、滋賀県などなど内陸部の県ですね。

スギ花粉は12月くらいから飛んでいるのですが、ピークになるのは西日本では2月中旬から、関東地方は2月上旬から、東北地方は2月下旬、北海道は3月中旬からになります。

スギ花粉はピークの時期が長く、関東地方ではピークが2ヶ月以上も続く予想になりますので注意が必要です。

北海道は飛散量は本州と比べるとすくないのですが、4月中旬にシラカンバの花粉がピークを迎えます。

ヒノキ花粉のピーク時期

ヒノキ花粉はスギ花粉のピークが終わりかけになる頃に入れ替わるように飛散量がピークに達します。

3月はスギ花粉とヒノキ花粉の飛散が多くて両方の花粉症を持っている方には最もキツイシーズンになりますね。

スギ花粉のピークは、九州では、3月の上旬から4月上旬にかけてになります。東海や関西は3月の中旬から下旬にかけてがピークになります。

関東地方も同様に3月の中旬から4月一杯にかけてがピークになります。

東北地方では、4月中がピークになります。北海道では、飛散量が少ないのでシラカンバの花粉の方を警戒する形になります。

花粉症の対策

花粉症を発症すると鼻水やくしゃみに加えて喉の痛みや倦怠感など風邪に似たような症状になります。

風邪と違うのは症状が長期になるのと、鼻水は水に近いような粘りのない物が出るなど花粉症に特有の症状があります。

長期にわたって症状が続くので、辛さはけっこう大変です。

症状を軽減するような対策としては、どんな方法があるのでしょうか?

花粉に粘膜が触れないようにする

花粉が粘膜から体に入るのを物理的に防ぐことが花粉対策の第一歩になります。

もっとも簡単な方法ですが、効果はてきめんです。

外出を極力控える

花粉のピーク時期にスギ花粉が多く飛ぶような予想が出ている日は外出をなるべく控えるのも大事です。

花粉が多く飛散するのは、

・晴れの日
・湿度が低く乾燥した日
・風の強い日
・前日が雨の日

特に2月や3月は、低気圧が西から進んできて雨になり、南寄りの風が吹いて、雨が上がった後に西高東低の気圧配置で、北寄りの強い風が吹いて乾燥する太平洋側の地域は要注意です。

外出時はマスクや眼鏡で防御する

マスクや眼鏡で直接粘膜に花粉が入るのを防ぐのはもちろんですが、マフラーや帽子などで身体自体に付着するのも防ぐようにした方がいいです。

特に頭は髪の毛に花粉がつくと家の仲間で花粉を付けたまま入ることになるので大変です。

また上着などはつるつるした素材で、家の中に入るまでにはたくことで花粉を落としやすいようなものが良いと思われます。

外から帰ったら手洗いうがいをしっかりと

手洗いやうがいをすることで、体に入ってしまう花粉の量を減らします。出来る限り早めにお風呂にも入って花粉を洗い流してしまうことも大事です。

手洗いやうがいは、風やインフルエンザの予防にもいいので、習慣化しておくことで無意識のうちに予防ができます。

布団や洗濯物は外に干さない

外に干すと、花粉がたくさん付着してしまうので、それを寝具にねるとかなりつらいことになります。

洗濯物も同じで、いくらメガネやマスクなどで不正でももともと服に着いているばあいは高架が半減します。

布団乾燥機や洗濯乾燥機、室内干しなどで出来る限り肌に触れるものは外で干さないようにします。

室内の乾燥対策や空気清浄

乾燥していると花粉が飛び散りやすくなります。家の中にある花粉が再び室内で舞うこともあります。

加湿空気清浄機や加湿器などで乾燥しないように心がけます。

また室内のこまめな掃除も効き目があります。ルンバなどのロボット掃除機を定期的に動かすことで花粉症が軽減したという報告もあるそうです。

空気清浄機は、花粉対応のものをつかうのが良いと思われます。

食べ物や薬で対策

花粉症はアレルギーの1つなので免疫システムの過剰反応ということです。

昔からあったものではなく、戦後になって初めて報告されて、1960年代から現在にかけて激増しています。

なぜ花粉症が激増したのか、諸説ありますが、代表的なものは、戦後の杉の植林の増加、食生活の欧米化、排気ガスやその他のアレルゲンの増加などがあげられます。

耳鼻咽喉科で薬を処方

あまりにも症状が酷いと仕事や勉強に支障をきたしてくることもありますので、その場合は、耳鼻科などの専門医にかかることをおすすめします。

私も酷い時は耳鼻科で抗アレルギー作用のある薬を処方してもらいます。副作用もキツイのですが、薬を使ったほうがましになるのも事実です。

市販の薬でも良いのですが、症状をお医者さんに伝えてそれで薬を処方してもらうほうがより効果があると思います。

ただ薬では症状を抑えるということなので、あくまでも対症療法になるのは事実です。

べにふうき茶で鼻水を抑える

あまりにも鼻水がつらいので、調べた所べにふうき茶は実験で花粉症の鼻水の症状を抑えることが分かっているとのことでしたので、私も酷い時は飲むようにしています。

べにふうき茶については以前書いた記事があります。

http://katslog.net/health/benifukitya.html

味ははっきり言ってあまり美味しくはないのですが、暖かくして飲むと飲めますし、何かで割っても美味しいです。

体質改善

他に私が試したのは、ルイボスティーです。ルイボスティーには、ケルセチンという玉ねぎにも含まれているポリフェノールがたくさん含まれていて、南アフリカでしか育たないというものです。

カフェインレスなのも嬉しいのですが、味も飲みやすくてウーロン茶代わりに食事時によく飲んでいます。

ルイボスティーを飲んで体質改善された方は多くて、そういった口コミを見て私も冬になると毎日飲むようにしています。

おすすめはオーガニックのルイボスティーをしっかり15分ほど煮出して作ることです。こうすると、ケルセチンがよく溶け出すそうです。

ルイボスティーを飲むようになってからは、花粉症が酷くて病院に行くことがほとんど無くなりました。

飛散量が少ない年だったからかもしれませんし、マスクなどでも防御しているのでそういった複合的なことが理由かもしれませんが、試してみる価値はあると思います。

他にも体質改善として、ヨーグルトなど乳酸菌が含まれているようなものを意識して食べたり、発酵食品などを食べるようにするのも良いと思われます。

カルピスが発売しているアレルケアなどのようにアレルギーの軽減をうたったサプリメントもありますのでそれらを摂取するのも良いかもしれません。

食べ物に関しては、すぐに効果がでてくることはないかもしれませんが、健康的な食生活を意識するのは大事だと思います。

まとめ

花粉症は本当に辛い症状が長く続きますし、薬でおさえていても逆に副作用もしんどいのでできれば、他の対策も講じで総合的に症状を軽減するような方法がおすすめです。

今までは発症していなくても突然花粉症になることもあります(私も5年ほど前に突然発症しました)。

マスクや空気清浄機などで花粉を防ぎつつ、身体の免疫システムが正常になるように食生活やサプリメントなどをうまく取り入れるのが良いかもしれません。

国民病とも言われるくらいの広がりを見せている花粉症なので、色々試して自分にあった対策を見つけることも必要かもしれません。

コメントを残す