花粉情報 2017年の飛散予測

IMG_0856

花粉情報ですが、2017年のスギ花粉の飛散は、西日本中心に2倍~3倍だそうです。2月中旬から飛び始めて、ピークは西日本で3月上旬、東日本で3月中旬だそうです。

各地の花粉の飛散予測をまとめてみました。花粉対策はもうはじめておかないとですね。

花粉情報 2017年スギ花粉の飛びはじめやピーク予測

2017年のスギ花粉の飛びはじめは、2月10日までに福岡や佐賀、高知から始まります。日本気象協会のスギ花粉前線の様子を見てみると、飛びはじめの時期がよくわかります。

もっとも早く飛び始めるのは、九州でも、福岡や佐賀、山口県、高知県なのですね。鹿児島や宮崎は、ちょっと遅くなるみたいです。

あと伊豆半島など静岡の一部も10日までに飛びはじめるようです。2月15日になると西日本の多くの地域と東京や神奈川など南関東でも飛ぶようになるようです。

さらに20日になると西日本全域、東海・関東全域になり、3月に入ると東北北部以外の全域が前線の中にはいる形になり、東北北部も3月中旬にはすっぽり入りますね。

東京都の花粉飛散予測情報

東京は花粉全然を見ると比較的早く飛び始めます。2月の上旬には飛び始め、ピークは3月上旬(スギ花粉)から中旬です。東京は、昨年の飛散に比べて少なくなるそうです。

予測では、昨年の80%ほどの飛散になるようです。他の地域も含めた花粉のピーク予測です。西日本では、福岡が2月下旬~3月上旬で、大阪や広島、高松は3月上旬~中旬がスギ花粉のピークになりそうです。

peakyosoku

東日本では、名古屋や東京は3月の上旬~中旬、金沢や仙台は3月中旬~下旬がピークと予想されています。東日本は去年よりは少ないようですが、それでもピーク時は軽快が必要です。

peakyosoku2

花粉の飛散情報 大阪の予測

大阪の花粉は昨年に比べて3倍近く増えるようです。西日本全般、去年より2倍~3倍の花粉の飛散が予想されています。

平年と比べて見ても大阪は多くなるようです。平年比110%くらいなので、軽快が必要ですね。昨年は平年比ではかなり少なかったので、今年は多く感じられるようなかたちですね。

ピークは3月上旬ですが、スギ花粉が飛散開始するのが、2月上旬なのでそろそろ対策しないとですね。花粉の対策は、マスクや空気清浄機など花粉が体内に入らないようにする方法と、体質改善といった方法、耳鼻科などで抗アレルギー剤を服用する方法などがあります。

 

コメントを残す