ヒアルロン酸サプリメントは膝痛に効果があるのでしょうか

歩くのが遅くなったり、旅行などで長時間歩くのが億劫になったり、階段の昇降で膝がいたんだりするのは、ひょっとすると膝の関節の可動域が小さくなっていたり、柔軟性が落ちていたりするのかもしれません。

歳を重ねると少しずつ関節の可動域が狭くなり、クッション性が落ちるので、その対策に良いとされるヒアルロン酸サプリメントは有効なのでしょうか?

膝の痛みの原因とヒアルロン酸

人間の体内にあるヒアルロン酸は、加齢とともに減少していきます。膝関節の軟骨のヒアルロン酸(Ⅱ型コラーゲン)も減少していきますので、膝関節のクッション性が落ちます。

膝の痛みの原因は、関節内(軟骨の成分)にあるヒアルロン酸が減少して、関節のクッション性が少なくなったりして、軟骨自体がすり減り、痛みが出ているのかもしれません。

最初のうちは、長時間の歩行で膝が痛くなったり、階段の昇降で痛みが出たりする形で日常生活ではそこまで影響がありません

これが進行していくと変性膝関節痛となり、膝の関節内で水が溜まったり、軟骨がすり減ってしまって滑膜内で炎症が起きたり、ひどい場合には、膝の変形が生じたりします。

ヒアルロン酸サプリメントとは

ヒアルロン酸が減少するのが原因ではあれば、それを補ってやれば膝の関節痛も改善するのではないかということで、サプリメントが多く発売されています。

また、ヒアルロン酸を構成しているNアセチルグルコサミンを含むサプリメントも多く発売されています。

「ぐるぐるぐるぐる、グルコサミン」というフレーズで有名なCMのサプリメントも同じですね。

これらのサプリメントは、どこまで効果があるのでしょうか?

膝関節の痛み対策として販売されているサプリメントは、多くが食品という扱いです。つまり、人によって効果がばらつきがあるので、明確に効能や効果を明記することが出来ません。

また、高分子であるヒアルロン酸は、そのままの状態では体内に吸収できませんので、一旦分解されて吸収されないといけませんが、分解されてものが都合よく膝関節内でヒアルロン酸として働くとは限りません。

ということで効果は非常に限定的になると思われます。

変性膝関節痛というところまで進行している場合は、病院で膝の関節内に直接ヒアルロン酸を注射するという治療法があります。

これだと、直接膝関節に注入されますので、ヒアルロン酸の不足によって、膝関節のクッション性が落ちている場合、改善されます。

変性膝関節痛というところまで進行していない場合は、どうすれば良いのでしょか?

膝関節痛に機能性表示食品としてのヒアルロン酸サプリメント

ヒアルロン酸サプリメントは、効果があるかどうかは個人差がありますし、吸収されて、膝関節で、再合成されるかどうかは更に分かりません。

ですが、ヒアルロン酸サプリメントの中には、特許を日本やアメリカなど各国で取っていたり、吸収されやすいように低分子化されていたり、第三者機関にサプリメントを摂取した後の変化を測定してもらったりするようなサプリメントもあります。

サプリメントにも、いろいろあるので、一概にひとまとめでヒアルロン酸サプリメントは効果がないと言うわけではないのですね。



機能性表示食品として認められているのが、この皇潤極です。皇潤は昔からヒアルロン酸のサプリメントを販売していて、サプリメントがかなり売れていましたが、機能性表示食品と認められたのは、この新製品からです。

皇潤極に含まれているのが、非変性Ⅱ型コラーゲンというもので、アメリカでの実験でこのコラーゲンを摂取した方の膝関節の可動域が広がったという正式な報告があります。

これを受けて、非変性Ⅱ型コラーゲンを含んでいる皇潤極が機能性表示食品と認められたのです。

これで、サプリメントでありながら、「膝の関節の柔軟性や可動性を助ける」という表示が可能になっています。

非変性Ⅱ型コラーゲンは、小腸で吸収されるときもほとんど分子構造が変わらないという特性がある特殊なⅡ型コラーゲンです。

そのため、吸収されやすいだけではなく、コラーゲンのままで血液内に入っていくので、体の中のコラーゲン濃度を上げることが出来ます。

コラーゲンにはⅡ種類あり、膝関節の軟骨の主成分は、Ⅱ型コラーゲンです。ちなみにお肌などにあるのは、Ⅰ型コラーゲンなので、同じコラーゲンでも種類が違うのですね。

この皇潤極は、ヒアルロン酸サプリメントでもあるので、沢山のヒアルロン酸と非変性Ⅱ型コラーゲンが入っているという贅沢なサプリメントになります。

皇潤が発売されて14年ですが、吸収されやすいヒアルロン酸サプリメントとしての実績(ヒアルロン酸サプリメント11年連続1位、愛用者100万人以上)の上に、このコラーゲンを配合しているので、まさに鬼に金棒状態です。

とはいえ、あくまでもサプリメントなので、個人差があるのも事実です。膝の関節で悩んでいるなら、一度試してみて、自分にあうかどうか見てみるのが1番ではないかと思います。

はじめての方には、通常価格9000円のところを3940円のお試し価格で購入できます。。

公式サイト⇒皇潤極

膝の関節痛を予防する方法

膝の関節通の予防には、普段の生活のなかで意識することが大事です。

膝の負担を減らすために日頃からできることをまとめました。

太ももの筋肉を鍛える

大腿四頭筋という太腿の筋肉が弱ってくると膝に負担がかかりますので、日頃から鍛えることで膝の負担を減らすことが出来ます。

スクワットなどが太ももの筋肉を鍛えるのに向いていますが、逆に膝に負担がかかる運動でもあります。

膝に負担をかけずに太ももを鍛えるには、椅子に座り、膝から下を上下にゆっくりと動かす運動です。足が伸びた状態で数秒停止すればさらに良いかもしれません。

膝の状態に寄っては無理な運動になるかもしれませんので、膝に痛みが出るようであれば中止して下さい。

体重を減らす

体重が重いと膝に真っ先に負担がかかります。松井秀喜選手は100kg以上に体重が増えた途端に膝を故障しました。

体重が増えた方や、BMIなどで肥満がちな方は体重を減らすことで膝への負担を軽減できます。

膝を冷やさない

膝を冷やすと血行が悪くなりますので、それは良いことではありません。出来る限り膝は温めて冷やさないようにします。

また、長時間の正座など膝に負担がかかりすぎることは良くないです。しっかり膝と周辺の筋肉などを休めることも大事です。

まとめ

膝の関節の痛みにヒアルロン酸サプリメントが効果あるのかどうかを調べてみましたが、サプリメントに含まれているヒアルロン酸やコラーゲンの種類にもよるという結論です。

おすすめなのは、機能性表示食品が認められているサプリメントや成分や製法が特許を認められているようなサプリメントです。

機能性表示食品でも、特許取得成分でも、きちんとした根拠があるからこそ、認められていますので、それを試してみて効果があるかどうかを判断するのが良いと思います。

もちろん、人によって差が出てきますし、膝の痛みが医師の診断が必要なレベルまでなっている場合は、病院を優先するのはいうまでもありません。

コメントを残す