疲労回復にいい食べ物

うな重

疲れが抜けない、この歳になってくると朝が辛い・・・。やっぱり健康第一ということで、疲労回復にいい食べ物などを調べてみました。

疲労回復にいい食べ物とは?

年をとると疲労の回復が遅くなりますよね。朝起きて、すでに疲れているというか、体がだるいというか。よく栄養ドリンクを飲んでいる方も多いですが、栄養ドリンクに疲労回復させる力はあるのでしょうか?

栄養ドリンクの主成分にはアミノ酸などの栄養に、カフェインが入っています。栄養ドリンクを飲んで、体がスッキリしたように感じるのは、カフェインによるところが多いのです。

なので、一時的に体がスッキリしたように感じても、またしばらくすると体がだるい、疲労感が抜けないのです。

栄養ドリンクは、徹夜で完成しないといけない仕事があったり、そういった一時的なブースターとしての役割にしかなりません。疲労回復ということでは、あまり役に立たないのです。

では、疲労回復には何がいいのでしょうか?体の健康は食べ物からということで、疲労回復にいいとされる食べ物を紹介します。

 疲労回復によい食べ物と飲み物

豚の生姜焼き

仕事が立て込んで、疲労が抜けないとき、おすすめの食材や飲みものは何でしょうか?

豚の生姜焼き&豚肉のしそ巻きなど

肉はスタミナのもとといいますよね。特に、豚肉は、ビタミンB1が豊富で疲労回復にぴったりです。運動したあとは、仕事で疲れたときは、豚の生姜焼きがおすすめです。

生姜焼きは、食欲をそそりますし、隠し味ににんにくを入れたら、ビタミンB1の吸収が良くなります。また、豚肉しそ巻きもおすすめのレシピです。味付けに梅肉を加えるとクエン酸との相乗効果が期待できます。また紫蘇の香り、梅の酸味が食欲を増大させてくれますね。

梅干し

梅干しに含まれているクエン酸が、疲労回復にぴったりです。夏の暑さが体に堪える時期ですが、梅干しの酸っぱい成分がいいんですね。

豚肉と一緒に使えば、相乗効果が期待できます。また、手っ取り早く食べるのなら、コンビニの梅おにぎりも。そして、鳥の胸肉と組み合わせれば、クエン酸とイミダゾールペプチドの共演(≧∇≦)/

 

オクラ

オクラのネバネバは主に食物繊維です。コレストロールを低くしたり、整腸作用があるので体にいいです。

それ以上に、ビタミンB1、カルシウム、カロチン、ビタミンCなどを含みます。そう、疲労回復に必要な栄養素がたっぷりなのですね。

トマト

生野菜とフルーツ

トマトのリコピンは抗酸化作用に優れています。運動後の筋肉の疲労にもいいです。さらに酸味のもとである、クエン酸とりんご酸も疲労回復にいい物質ということで、疲労回復の優等生です。

料理を特別にしなくてもそのままがぶりと食べられますし、コンビニやスーパーなどにもいつも売っているので簡単に手に入るのもいいですね。

レモンやグレープフルーツなど柑橘類

スポーツの水分補給と栄養補給にレモン。クエン酸が疲労回復にいいです。運動の疲労回復にいいです。果糖も含まれているので、すぐにエネルギーとして働いてくれます。

グレープフルーツは、ジュースにしても飲めるので、クエン酸とビタミンCが効果的に補給できます。

野菜ジュース

できれば、そのまま絞ったスムージーや生ジュースとして取るのがいいのですが、コンビニやスーパーなどに売っている野菜ジュースでも、ビタミンA、ビタミンE、カリウムなどは、加工されても壊れにくいので飲むといいです(≧∇≦)/

ビタミンやミネラルなどが豊富で、体の調子をしっかり整えてくれます。また、ストレスにさらされるとビタミンCなどは消費されるので仕事などで体と心の疲れを癒やすにはいいです。

疲れすぎて食欲がなくても、こういった飲み物なら、受け付けるときにも野菜ジュースなら、栄養もとれますね。

疲労回復に水素

運動をすると体に多くの酸素を取り込みます。そして、細胞内でミトコンドリアが、エネルギーと同時に活性酸素を作り出します。

通常は体の抗酸化作用で、活性酸素は除去されます。ですが、どうしても除去しきれない活性酸素が残り、細胞の組織を酸化させてしまいます。これがが疲労感の原因の一つといわれています。

水素は非常に強力な抗酸化作用があります。その強力な抗酸化作用で、活性酸素と結びついて水になって無害化してくれます。おすすめの水素生成器です。


水素は発生してもすぐに酸素などと結びついて水になってしまうので、その場で発生させて、すぐに体に取り入れるのが最も効率がいいです。

お風呂で水素を生成すると全身で水素を浴びることができるので効率がいいですね。スポーツ選手や芸能人の方も疲労回復の切り札として使われている方も多いです。

コメントを残す