横浜中華街の食べ歩きにおすすめの人気店を巡ってみました

横浜中華街といえば、たくさんのお店がひしめいて中華がたくさん食べられますね。

また、食べ歩きで、いろいろな中華グルメが食べられるのも魅力の1つ。横浜中華街のたべあるきにおすすめなものを紹介します。

横浜中華街の食べ歩き

横浜中華街は、横浜市の中心部に位置しており、電車でアクセスもしやすいいわゆるチャイナタウンです。

規模としては日本随一を誇りますので、たくさんのお店がひしめいています。

横浜中華街の楽しみ方の1つに、食べ歩きがあります。たくさんのお店が、小籠包や肉まんなどの点心を中心に店頭販売をしてくれているので、それをいろいろ食べ歩く事ができます。

店頭で食べるとゴミ箱も用意してくれているので、また次のお店へ行くことが出来ます。

食べ歩きとかくと、食べながら歩くというふうに思われるかもしれませんが、それは歩き食べと言うのだそうで、歩き食べはしないでほしいとのことです。

基本的に、お店でかってその店頭付近で食べてから、また別のお店に移動するというふうにするのがマナーということで、中華街の色んな場所でそういったインフォメーションがありましたので気をつけたいですね。

ということで、横浜中華街でおすすめのお店に食べ歩きしてみました。

小籠包の王府井

横浜中華街といえば、小籠包と思っているので、まずは王府井は外せないくらいの超有名店です。中華街のあちこちにお店があるので、迷っても適当に歩いていたら王府井が見つかるはずです(笑)

こちらは焼き小龍包も蒸し小籠包もありますので食べ比べてみました。

その前に小籠包の食べ方を解説しているのでチェック。

小籠包は、やっぱり中からあふれる肉汁が一番の魅力ですよね。ただできたてはとても暑いのでやけどしやすいので注意が必要です。

まずは焼き小龍包。

色んな味があって楽しめます。結構ボリューム感あるので、シェアしながら食べるほうが良いですね。

裏返すと、こんがり焼かれていますね。

お箸で割ると、肉汁がたっぷり溢れてきます。

これをやけどしないように飲みますが、めちゃくちゃ美味しいです。出汁と肉の旨味が最高です。

食べると、皮が香ばしく焼けているので、サクサクした食感と、中身の肉汁が相まって美味しいですね。

焼き小龍包は、皮のサクサク感があって、食感も楽しめます。

つぎは、蒸し小籠包です。こちらも美味しそうです。

焼き小龍包と比べてると、すこしあっさりめですが、それがとても美味しくていくつでも食べられそうです。

食べ歩きなので、最初で満腹になってしまうのはまずいのですが、王府井の小籠包美味しすぎます。

人気店かつ、メディアにもたくさん紹介されている有名店ですが、行きたくなるのも納得です。

横浜中華街なら、まずココというくらいですね。

王府井の店舗情報とアクセス
王府井本店
住所:横浜市中区山下町191-24
営業時間:10:00~21:00
定休日:基本的に無休
地図

王府井レストラン
住所:横浜市中区山下町185-6
営業時間:10:00~22:00
定休日:基本的に無休

他に支店が中華街内に複数あります。

小籠包の鵬天閣

王府井に勝るとも劣らないくらいの、人気を誇るのが、鵬天閣です。鵬天閣の本館は食べ放題で有名なレストランですが、食べ歩きには、鵬天閣の新館の店頭で購入します。

いつも長蛇の列ができているそうですが、今回も建物をぐるっと廻るくらいの列ができていました。

ただ、店頭販売なので、そこまで時間はかかりませんが、季節が厳しいときは辛いかもですね。夏はミストシャワーがあるのでなんとか耐えられました。

ガラス張りになっているので、小籠包の作成過程を見ることが出来ます。1日どれくらい売れるのでしょうかね。

焼き小龍包の方が人気があるのですね。こちらも両方食べてみようかと思いましたが、お腹がいっぱいになるので焼き小龍包のみにしました。

しかし、こちらの小籠包も美味しいですね。甲乙つけがたいです。

緑色のが海鮮で、白いものが豚肉焼きになります。

こちらも、サクサクした皮と、中のジューシーな肉汁が美味しかったです。一緒に行った4人がどれが美味しかったかをそれぞれぞれ投票したら、見事にばらばらになってどれも美味しいってことねという結論になりました。

鵬天閣では、ゴマ団子もありますが、こちらも出来たてで暖かくて美味しかったです。

できたてだと、ゴマの風味が強くて中の甘いあんと絶妙のハーモニーになるんで、とても良かったです。

2軒はしごした時点で、お腹がかなり一杯になってきたのでどこまで食べ歩きができるのか不安ですが、次に行きます。

鵬天閣新館の店舗情報とアクセス
住所:横浜市中区山下町192-15
営業時間:11:00~22:00 (L.O.21:30)
定休日:無休
地図

江戸清の豚まん

豚まん、肉まんも中華街に来たら食べたいものの1つですね。横浜中華街の老舗の江戸清の豚まんはおすすめです。

関西には551の蓬莱の豚まんが有名ですが、関東で、「豚まん」として売っているのは珍しいですね、通常は肉まんとして売られているのかなと思います。

とにかく、横浜中華街で、豚まんといえば、江戸清という口コミも多いです。中華街で一番大きいとの噂もあるので、沢山の種類の食べ歩きをするにはちょっと不向きなのかもしれませんが(汗)

これ確かに大きいですね。ボリューム感があって、手に持つとずっしりと重いです。これは一人で食べると、多分これだけでお腹いっぱいになるかもですね。

そして、できたて、蒸したてで、めちゃめちゃ熱いので、手に持って食べるのも難しいのでタオルを持ってその上に豚まんを載せています。

肉厚でふんわりした生地と、具沢山の中身がいい感じです。肉汁も出ていてこれはかぶりついて食べたいですね。

たべてみると、生地がふわふわしてて、豚の旨味とたけのこですかね、味がしみていて美味しい豚まんです。ただ、とにかくボリュームがあって、シェアしながら食べましたが、なかなかお腹いっぱいになりました。

中華街には他にもたくさんの肉まんがあって、味も美味しいので、また他のお店のも食べてみたいですね。

ただ、ボリュームがすごいので、おみやげに買って帰るというものおすすめです。どこのお店もお土産用に売っているので、家で食べるのも良いですね。

江戸清の店舗情報とアクセス
住所:横浜市中区山下町192
営業時間:9:00~20:00(土日祝は21:00まで)
定休日:元旦
地図

台湾ちまきが絶品のちまき屋

路地裏の奥まったところにあるのが、知る人ぞ知る台湾ちまきのお店です。予約は1ヶ月待ちというすごい人気店ですが、11時に開店してすぐに行けば当日販売があります。

11時過ぎに行ったら、その奥まったところにある小さいお店で台湾ちまきを販売しています。持ち帰り用の冷凍されているものもありますが、今回は食べ歩きということで、蒸したてのものを頂きました。

1つがとてもでかいです。おおきいおにぎりくらいあるので、想像していたものよりもずっと大きくてビビりました。

もう結構お腹いっぱいだったので、すぐには食べることが出来ずに後で食べました。

数時間後に食べましたが、でかいですね。そして、見た目からつやつやしてて美味しそうです。

できたてではなくなりましたが、これが、冷えても美味しいのです。

しいたけ、豚肉、干しエビなど大きめの具が入っていて、それぞれにもしっかり味がついていて、めちゃめちゃ美味しかったです。

これだけ食べに行っても良いかも。というくらいですね。

そして、路地裏にひっそりとある、隠れ家的なロケーションもなかなか楽しいですし人気があるのもよくわかりました。

12時過ぎていくと当日販売のちまきがなくなっている場合もあるそうなので、できる限り早めにいくのがおすすめです。

ちまき屋店舗情報とアクセス
住所:横浜市中区山下町186
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日
地図

北京ダックのテイクアウト

珍しい、北京ダックのテイクアウトができるお店があります。

中華街大飯店と王朝というお店です。

王朝は、となりの皇朝レストランの姉妹店になりますが、中華料理の世界チャンピオンが運営するということで、有名です。

看板もド派手に世界チャンピオンがいらっしゃいます。

250円で北京ダックが一巻きという手頃さもあって人気です。

店頭では、北京ダックをスライスしている姿を見ることが出来ます。

美味しそうです。レタスに、きゅうり、玉ねぎに北京ダックです。

以外にヘルシーな感じで、独特の甜麺醤ベースのソースが美味しいですね。これは紹興酒とかが合うのでしょうかね。

店頭でビールが売っているので、ビールにも合うかもですね。

リーズナブルで、しかも、お腹が一杯でも食べられるというか、食べ歩きにはもってこいの食材だと思いました。

北京ダック専門店王朝の店舗情報とアクセス
住所:横浜市中区山下町78-6
営業時間:11:00~22:00 (L.O.21:30)
定休日:無
地図

まとめ

横浜中華街で、食べ歩きは横浜観光の目玉でもありますね。お店がいっぱいありすぎてどこが良いのか迷いますが、口コミで人気の場所を巡ってみました。

ほかにもまだまだたくさんのお店があるので、また横浜に行ったときには立ち寄って、また食べ歩きしてみたいと思います。

 

コメントを残す