焼きおにぎりでお茶漬け

img_1175

昨日は初辰さん参りのあと、仲間内でご飯を食べました。知人が10人近く寄り集まって過ごしたのですが、アウトドアの達人というかプロとか、調理師免許持ってますっていう人とか、凄腕の釣り人とかまあすごい人達が集まってたので、ご飯も美味しかったです。

焼きおにぎりでお茶漬け

焼きおにぎり自体も美味しいですが、これをだし汁に入れて食べるという贅沢な食べ方をしました。焼きおにぎりもちゃんと炊きたてご飯をわざわざおにぎりにしてもらって、いろいろ焼き物をして、お酒を飲んでいるあいだ熟成?させたおにぎりを炭火で炭焼きおにぎりにしました。

img_1170

両面焼いて、醤油を垂らします。醤油が香ばしい匂いがして、やばいっすね。炭焼きってやっぱり遠火の強火でじわじわ焼けるのでおいしいです。

これをじっくり焼いてこのまま食べるのではなく、ぐっと食べたいのを我慢して、だし汁を作ってもらいました。だしはトビウオからとった、あごだしです。あごだしはほんと美味しいですよね。通販生活ですごくブレイクした印象がありますが、ほんと、おいしいです。

img_1172

アウトドアの達人がいるので、アウトドアで使うシェラカップに入れて食べました。上に乗っているのは三つ葉のみじん切りです。これがいい香り付けになってお上品なあじになりました。

焼きおにぎりお茶漬け

あつあつのお出汁を入れたら完成です。こんな贅沢な焼きおにぎりがあるのでしょうかというくらい美味しかったです。

焼きおにぎり お茶漬けのレシピ

レシピというほど複雑な料理ではなさそうですが、やっぱり小技が生きてくるのかなと思います。まずは白ご飯をちょっと固めに炊いてました。

そしてそれをおにぎりにします。焼きおにぎりにするので、塩は控えめで大丈夫です。そして、それを焼きますが、今日は炭焼きがあったので、炭火でじっくり焼きましたが、普通はトースターがあればそれでも行けると思います。

焼けてきたら、お醤油を垂らします。ハケで塗ってもいいですし、垂らしても良いかと思います。そしてしばらく焼いてからひっくり返して、さらに焼きます。こちらの麺もお醤油を垂らします。そして焦げ目がつくまで焼きます。

焼いている間にあごだしをつくります。あごだしを作るときは、一晩水につけておきます。

水600mlくらいにあごを3匹位の割合で、ビンとかに入れておきます。昆布と日本酒を少々入れておくと味に深みが出ますのでおすすめです。冷蔵庫で1晩置いておきます。

それをそのまま鍋に入れて、煮立つまで火にかけます。煮立ったら、鰹節をひとつかみ入れて煮立ったら火を止めて、そのだし汁をこします。

こすためには、濾す用のキッチンペーパーがあるのでそれをザルに敷き詰めて、下に別の鍋やボールを受けてそこにいれます。これで琥珀色の美味しい出汁が取れましたので、さらにここから味付けをしていきます。

味付けは、薄口醤油で整えて、色付けに濃口醤油を少々、みりんを入れてまろやかにします。ひと煮立ちさせて味見をしたら完成です。

あごだしは、上品かつ旨味がしっかり出て深い味わいです。どんなものにでも使えるのでまさに万能の出汁ですね。

焼けたばかりのおにぎりを容器に入れて、三つ葉のみじん切りを少々いれて、そこにアゴだしをかけてあつあつを頂きます。

 

 

コメントを残す