尼崎のJR立花のうなぎ専門店うな希のうな重

尼崎のJR立花駅の北側にある、うなぎ専門店「うな希」のうな重を頂いて来ました。こちらは、国産のうなぎが比較的リーズナブルに食べることが出来るということで、口コミでの人気だそうです。

うな希のうな重

うな希のうなぎは、高知県産の国産うなぎを使用しているそうです。昨今は、うなぎが不足していて国産うなぎはかなり金額が高騰しているので、なかなか食べることが少なくなってきたと感じます。

完璧に高級食材になってしまった、国産うなぎですが、こちらは比較的リーズナブルに食べることができます。

立地的にも、ターミナル駅の駅前とかではないので、そういったところでリーズナブルに出来るのかもしれませんね。

メニュー

うなぎ専門店なので、メニューもシンプルです。

うな重の上と並、炙り鰻飯めしの3点に加えて、蒲焼、白焼、鰻巻き、肝吸いと一通りあります。

日本酒は、昨今の日本酒ブームも火付け役ともいわれる、越乃寒梅が置いているようです。お持ち帰りにも対応してくれているのはありがたいですね。

うな重と炙り鰻めしには、肝吸いが付いてきます。

うな希の口コミ

食べに行く前に、ちょっと気になることがあったので、口コミもチェックしてみました。

国産うなぎがリーズナブルに食べられるということの他に、皮がちょうどよい焼き具合で、パリパリしてて美味しいなどの口コミがありました。

ですが、逆に、最近はすこし味が落ちた?という口コミがあったり、ご主人がいない時は行かないほうがいいなどの口コミもあるので、どうなんだろうか?と思いながら行くことに。

リーズナブルとはいえ、1食3000円はやはり、お高い部類に入るので、美味しくなかったらちょっと辛いですよね。

うな重の感想

店内は、カウンターのみで狭いのですが、すっきり清潔感があって、いい感じです。

いよいようなぎがやってきます。

どーんと、うなぎ重の上です。

まるまる1匹分入っているくらいでしょうか。隙間なくうなぎが敷き詰められているので、このビジュアルだけでも食欲がマックスになります。

みための照りだったり香りもいい感じで、これは美味しいと食べる前から嬉しいですね。

肝吸いもしっかりお出汁がでていて、ちょうどいいくらいの味付け。

肝心のうなぎは、皮の焼き具合はちゃんとしてて、パリパリです。身はふっくらしていて柔らかくて、流石国産うなぎですね。

ちょっと心配な口コミを見てからだったので、不安でしたが、良かったです。

ただ、少し食べ進めていくと御飯の量とタレの量のバランスが少し悪いのか、タレ自体は美味しいのですが、ちょっと濃い感じがしました。

もうちょっとだけご飯が多いと良いかなと思いますが、こればかりは、好みの問題だとは思うので、タレが少なくて、味気ないよりは良いのかもしれません。

肝吸いで、口の中が濃いのを中和しながら食べるのが良いのかもしれません。

うなぎの質は、さすが、高知県産のうなぎという感じで、身もふっくらしていて美味しかったです。

見た目的には、焼き目があまり付いていないので、蒸してから焼く江戸前の作り方をしているのかもしれません。その辺りはちょっとわかりませんが。

アクセスと店舗情報

JR立花駅の北側、道意戦がちょうど高架になる手前の側道脇にあります。駅からだと徒歩7~8分くらいでしょうか。駐車場はありませんが、駅前なので、コインパーキングが付近にあります。

店舗情報

営業時間:11:00~14:30 17:00~19:30
定休日:水曜日
電話:06-6428-6778
住所:尼崎市立花町1-16-9
席数:9席

地図


 

コメントを残す