セブンイレブンのアイス2018年の新商品や人気ランキング

今年も暑くなってきましたが、セブンイレブンのプライベートブランドのアイスクリームも新商品が入ってきて夏仕様になってきました。

アイスクリームが好きなのでセブンイレブンのアイスクリームは、いつもチェックしていますが、今年も定番のティラミス氷から、はやりのチョコミントや、まさかのティラミス氷バーなど今年も美味しそうなものが多いですね。

目次

セブンプレミアムのアイスクリーム

セブンイレブンのプライベートブランドは、セブンプレミアムと銘打って、プライベートブランドですが、高級感を出すようにしています。

値段が取り立てて他のブランドと比べても安いわけではないですが、美味しさで言えばかなりの安定感で、セブンイレブンのアイスクリームのコーナーでも半数以上が、セブンプレミアムの製品ではないかと思います。

定期的に新商品に入れ替わるので、飽きも来ませんし、季節感があるラインナップなので、ついつい購入してしまいます。

プライベートブランドなので、製造しているのは、アイスクリームの有名メーカーばかりで、美味しいアイスが多いのも納得です。

また、毎シーズン必ずと言っていいほど、ヒット商品が生まれているので2018年の夏のヒット商品はどれになるのか楽しみでもあります。

抹茶ティラミス氷

この商品は、毎年の定番になりつつありますね。2018年のは、抹茶のパウダーが乗った抹茶ティラミスということですね。

ちなみに昨年のは大ヒットで一時期売り切れている店舗が多くありました。

https://katslog.net/gourmet/tiramisukoori.html

今年はどうなるでしょうか。

去年はチョコパウダーがたっぷりでしたが、2018年のは抹茶のパウダーがたっぷり。抹茶好きにはたまらないですね。

マスカルポーネチーズが入ったかき氷とこしあんの層が抹茶とあっていて美味しいです。

3層に別れているのでそこを同時にすくって食べるには多少溶け気味のほうが良いかも知れません。ティラミス氷は、シャリシャリとさっぱりしているので、多少溶けてもむしろそちらのほうが美味しいかも知れません。

口に含むとしっかり抹茶の香りがして、その後にしっかりとティラミスの味がしてきます。

抹茶ティラミス氷のカロリーは、157kcalです。アイスクリームにしてはローカロリーの部類なのは乳成分が少ないからですね。

値段は、税込159円とのことで、全国のセブンイレブンで発売中です。

2018年のは、抹茶とこしあんということで、万人受けというよりは、多少コアな層にむけての訴求になるのかも知れませんが、品薄になる可能性はありますね。

練乳入りチョコミント氷

チョコミン党の方、待望?のチョコミント氷が発売されていました。

これは、去年もあったかと思いますが、やはりこの季節になって発売されてきましたね。練乳入りということで、チョコミントの爽快感と、練乳の濃厚な甘さがどういう感じになっているのか、楽しみです。

真ん中あたりに円を描くように練乳が入っていますね。チョコミントのアイスクリームにしては、ミント色がが薄めです。

練乳によるものと、微細な氷が入っているので、そう感じるのでしょう。チョコミントの色は基本着色料なので、ミント感は、別物でしょう。

中をスプーンで見ると、ちゃんとチョコミントらしさがありますね。

食べてみると、他のスイーツ氷のシリーズと同じく、さっぱり目です。ですが、しっかりチョコ感が感じられますし、練乳の甘さと、チョコ感と、最後にしっかりミントが香るので、キツめのチョコミントが好きな方もイケルと思います。

氷の爽やかさもしっかりあるので、真夏に汗だくになっているときに食べると良いかもしれませんし、お風呂上がりにさっぱり食べるのもおすすめかも知れません。

このチョコミント氷は、カロリーが、157kcalです。スイーツ氷シリーズの平均値という感じでしょうか。

また、この商品は、セリア・ロイルが製造しているのですが、セリア・ロイルは、九州では有名なアイスクリーム、白くまとか、セブンイレブンでも、袋タイプのかき氷(西日本限定)を作っていたり、ブラックサンダーアイスなどを作っています。

九州の方はよく知っているらしい、給食でおなじみのMOOSEを、九州限定で、セブンイレブンで発売していたりします。

ティラミス氷バー

ココアクッキーとコーヒソース入りのティラミス氷バー。

去年のティラミス氷はとてもヒット商品だったので2018年はそれを改良してカップアイスタイプではなく、棒アイスにしてきたのですね。

これは斬新ですが、ティラミス氷シリーズを棒アイスにするのは結構難しいのではと思いましたが、周りをチョコでコーティングすることで、崩れやすいティラミス氷のかき氷を維持しているのかも知れません。

自分的には、そう来たかと驚きがありましたので、早速買ってみました。

周りをコーティングしているのは、チョコではなくココア味のアイスクリームでした。いい意味で裏切ってきましたが、それがいい感じにティラミス感を出していて美味しいです。

ティラミス氷の部分には、細かく砕いたクッキーが仕込んでいていいアクセントですし、コーヒソースが濃厚さを出していて、去年のティラミス氷をうまく再現しています。

棒アイスなので、手軽に食べられるのもプラスですし、今年のヒット商品の香りがします(*^^*)

そして特筆すべきは、そのカロリーです。

103kcalしかありません。棒アイスなので、内容量が少ないということもありますが、それにしてもアイスクリームで100kcalそこそこというのは、カロリーを気にする方にとっても嬉しいですね。

価格は、税込138円と最近はプライベートブランドのアイスクリームでも200円超えが多いのにリーズナブル。

これはなかなかおすすめです。

ワッフルコーンチョコ&バニラ

ワッフルコーンはあまり買いませんが、チョコ&バニラは好きなので、ガッツリアイスクリームを食べたいときには購入します。

ワッフルコーンシリーズは定番ですが、これは安定の美味しさです。

ハーフアンドハーフで、チョコとバニラがマーブルしていて美味しいです。しっかりアイスクリームを食べたいときは、おすすめです。

そして、ワッフルコーンは美味しいです。

ただ、カロリーは、その分高めです。283kcalですが、ソフトクリームタイプのアイスは乳成分が多いので仕方がないですね。

カロリーや糖質が気になる方は、パスするか、空きっ腹に食べないほうが良いかも知れませんね。

ワッフルコーンストロベリー&バニラ

今回の新作のストロベリー&バニラですが、自分はあまりストロベリーは好んで食べませんが、見た目も美味しそうだったので、購入してみました。

いちごソースが掛かっているだけではなくて、アイスクリーム部分もバニラといちごのマーブルで、いちご感がかなり味わえます。

ワッフルコーンと入れ物がピッタリではなく、ワッフルコーンのほうが上に出ているので、取り出しやすいのも親切ですね。ピッタリだと、下に向けてずらさないといけませんが、アイスが手についたりするのでこれだとその心配が無いのも◎です。

ワッフルコーンを取り出す人も、取り出さない人も食べやすいのは嬉しいです。

食べた感想は、結論から言うとめちゃくちゃ美味しかったです。いちご好きの人にはぜひおすすめしたいアイスクリームです。

ワッフルコーンは最後にアイスクリームがなくなるのが嫌なのですが、このセブンイレブンのワッフルコーンはしっかり最後までアイスクリームが詰まっているので美味しく食べることが出来ます。

値段は、200円超えの224円なのでなかなか高級な部類に入りますが、食べごたえは十分。アイスクリームを食べたい!というときにはがっつり食べた感があるのでおすすめかもですね。

カロリーはなんと310kcalです。濃厚なソフトクリームを再現したのと、いちご感を出すためにしっかりいちごソースがかかっているので、カロリーは高くなるのは仕方がないですね。

乳成分が多いのかなと思いましたが、分類上は上から2番めのアイスミルクでした。これがアイスクリームになると更に乳成分が多くなりますが、そうするとカロリーがもっと高くなるので、濃厚さをだしつつ、ぎりぎりで調整してあるのかも知れませんね。

美味しいのですが、食べ過ぎには注意が必要です。

金のワッフルコーンミルクバニラ

セブンイレブンのプライベートブランドの中でも高級コースである金のシリーズで、ワッフルコーンのミルクバニラが新発売になりました。

しぼって3日以内の生乳仕込みということで、なめらかな口当たりやコクのある濃い目のアイスクリームを期待して購入しました。

ワッフルコーンが取り出しやすいのはいつもの仕様ですね。食べてみましたが、確かにシンプルですが、なめらかで、濃い目のバニラアイスですね。

かじって食べるよりも、ペロペロとソフトクリームのように食べてみたくなるような美味しさでした。

コーンの中にもしっかりアイスクリームが詰まっているのも、セブンイレブンのワッフルコーンの良さですね。ワッフルコーンとの相性も良くて、最後まで美味しくいただけました。さすが、金のシリーズですね。

乳成分が多いですので、エネルギーは317kcalと、300kcal超えですね。食べるときはそこはもう仕方がないということで、あきらめましょう(笑)

ピーチヨーグルト氷バー

フローズンヨーグルトタイプのアイスクリームは大好物です。しかもそれが、氷バーシリーズで出てきたということで、速攻買ってしまいました。

見た目は、普通のヨーグルトアイスというか、バニラアイス的な感じですね。

よく見ると、黄桃の果肉が入っている感じですね。

食べてみると、フローズンヨーグルト感があって、美味しいです。氷バーなので、濃厚すぎずなところもいいですね。

黄桃の果肉もしっかり入っていて、普通に美味しいです。

これは、ヘビロテしそうなアイスクリームです。

そして驚くべきことに、カロリーは101kcalです。これは、嬉しいですね。フローズンヨーグルトが好きな方はぜひおすすめです。

今年の夏はかなり暑いそうなので、さっぱり氷バーアイスは良いですね。

ミルクバニラ氷バー

やさしい上品なバニラの香りと書いているのですが、これで、なんとカロリーが94kcalとさり気なくアピールしているところも秀逸ですね。

バニラビーンズが入っているようですし、氷バーに念願のシンプルなバニラ味が出たということで、速攻買いました。

いつものように、栄養成分表示を写メりましたが、表に書いてるので不要でしたね。

開けてみるとこんな感じ。意外にも大きいです。

小さい微細な氷が入っているのが外側からでもわかります。暑い夏はかき氷テイストな方が嬉しいですね。

食べてみると、さくさくしてて、美味しいです。

濃厚なバニラ感ではなく、あっさり食べやすく、それでいてちゃんとバニラを感じることが出来ます。

今年の夏はかなり暑そうなので、こういったさっぱりしたアイスが売れるのではないかと思います。

そして何よりも、アイスなのに100kcal未満というローカロリーっぷりにも嬉しいのではないかと思います。

ダイエット中の方や、体重を気にしている方にもおすすめできる美味しい氷バーでした。

塩キャラメル氷バー

これ最近出たばかりの、氷バーなのですが、すでに品薄でした。ヒット商品になるかも知れませんね。

スイーツかき氷を棒アイスにしたティラミス氷バーシリーズの第2弾ということでしょうが、塩キャラメルはなかなかそそります。

ということで見た瞬間買ってしまったのですが、これはなかなか美味しかったです。

キャラメルソースと塩バニラ氷がいい感じで合いますし、中にクッキーが入っていてアクセントになります。手軽に食べられるので良いですし、すこし小ぶりなのですが、それが逆にいいと思います。

値段も税込138円とリーズナブル。

カロリーは、120kcalなので、気にしている方でも食べられるアイスクリームではないかと思います。

コスパも抜群なので、ヒット商品の予感がプンプンしますし、自分もリピート買いする可能性が高いです。

宇治抹茶アイスのアーモンドチョコレートバー

今年の夏は、抹茶とチョコを推している感じなのでしょうかね。5月6月ということで抹茶味が出てきているのでしょうか。

いずれにしても、チョココーティングされた中身が抹茶アイスという斬新な組み合わせ。

どんな味がするのだろうかと興味津々で購入しました。

粒が大きめのアーモンドの粒がいっぱい付いていて食べごたえがありそうです。

食べてみると、以外にも抹茶があまり邪魔をしすぎることが無いので、チョコと抹茶がちょうどいいくらいの主張しかしないので、抹茶チョコの美味しさがよくわかりました。

宇治抹茶アイスの部分も必要以上に濃厚すぎず、淡白すぎずで、ときおり出てくるアーモンドのつぶつぶがいい仕事しています。

意外性のある美味しさでした。

乳成分が多いアイスクリームの分類なので、カロリーは少し高めの283kcalですが、食べごたえ抜群で美味しいので、たまには良いかなと思います。

まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー

マンゴー好きな方は多いですね。このセブンイレブンのアイスのまるで〇〇を冷凍したようなシリーズの中でもマンゴーはかなりの人気だそうです。

ということで、早速食べてみました。

色は完全に完熟マンゴーのそれですね。

人気の理由がよくわかりました。食感もこのシリーズで最も本物に寄せてきている感じがします。キウイもかなり良かったですが、マンゴーは更にその上を行く感じですね。

マンゴーの味もしっかりしますし、まさに、マンゴーを冷凍した感じがしっかり出ています。美味しいです。

マンゴー好きなら一度は食べてみてほしいですね。この夏はかなりこれをヘビロテするかもしれません。

エネルギーも125kcalですので、毎日とは言いませんが、毎週食べてもそこまで気にならないレベルです。

アルフォンソマンゴーの果汁25%でここまでマンゴーシャーベット感を出せるのは素晴らしいと思います。

今までこのシリーズは、あまり食べてこなかったのですが、ちょっと後悔しています。

新作が出たらいち早くチェックしてみたいシリーズになりました。

まるで和梨を冷凍したような食感のアイスバー

このシリーズはシャーベット状のアイスバーなのですが、フルーツ感があって美味しいと評判です。

和梨ということで、シャリシャリとした食感が再現されているのかなとワクワクしながら食べてみると、確かに食感が独特です。

そして、爽やかな梨の味もしっかりして、夏の暑いときにはさっぱり美味しいと思います。

果汁を29%も使っているので、梨の味も豊かに感じることができるので、梨好きにはおすすめのアイスバーです。

カロリーも、1本あたり90kcalと低カロリーなので、嬉しいですね。

まるでキウイを冷凍したような食感のアイスバー

同じシリーズで、今度はキウイです。

こちらの方は、見た目もキウイの種のつぶつぶが入っていてまさにキウイをそのまま冷凍した感が出ています。

食べてみると、思ったよりシャリシャリしていなくて濃厚な感じのシャーベットになっています。食感はキウイという感じはしませんが、味はまさにキウイそのもの。

果汁と果肉で33%というのも納得で、キウイアイスで、種のプチプチ感も手伝っていい感じに仕上がっています。

カロリーは1本あたり118kcalと、和梨には及びませんがアイスとしては画期的なローカロリーでダイエット中でもおすすめできるのではないかと思います。

アイスクリームとしての美味しさは、キウイの方が個人的には好みですが、キウイ独特の風味が苦手な方は和梨のほうが良いかもしれませんね。

セブンイレブンのこのまるで〇〇を冷凍したようなシリーズは前からありますが、美味しいのかな?と半信半疑でしたが、今回食べてみてとても美味しかったので、また違うフレーバーが出てきたら食べてみようと思います。

まるでパインを冷凍したような食感のアイスバー

まるで〇〇を冷凍したようなシリーズの新しいフレーバーが出ていました。

今回はパイン。沖縄県産のパインアップルを使用していて、半分近くが果汁と果肉ということで、まるでパインを冷凍したようなという文言もかなり嘘ではない感じですね。

食感の再現度は、パインアップルの冷凍というものを食べたことが無い気がしますが、これはマンゴーやキウイフルーツに比べると若干低い気がします。

ちょっと酸味が足りないからなのでしょうか。

酸味よりも甘みが勝っているので、食べやすいのは間違いありません。あとは好みの問題でしょうね。

自分的にはもう少し酸味があればと思いますが、そもそもアイスクリームでそれが再現できるのかどうかはわかりません。

缶詰などのパインアップルの輪切りを凍らせた感じに寄せているのかもしれません。

食感は、確かにパインアップルの繊維感が出ていて、それはパインアップルの心をあえて混ぜ込んでいるそうで、それがしっかり食感の再現性に現れているのでしょうね。

いずれにしても暑い夏にはおすすめなのは間違いないです。

1本あたり、83kcalという低カロリーなのもこのシリーズの嬉しいところですね。贅沢に果肉、果汁を使っているのにコスパも良くて、これで、150円(税込)というのは驚きです。

このシリーズは在庫限りでなくなるので、お早めに。

まるでラ・フランスを冷凍したような食感のアイスバー

秋になって、まるで〇〇を冷凍したような食感のアイスバーシリーズも秋っぽく?ラ・フランスが登場しました。

ラ・フランスはいわゆる洋梨の品種名ですが、ラ・フランスも旬は秋だそうです。日本の和梨よりは少し旬が遅い感じですかね。

出回る時期が9月からで、最盛期は、11月だということです。和梨よりは、市場に出ている時期が長く1月くらいまでは普通に出回っているそうです。

ということで、洋梨のラ・フランスも秋の味覚なのですね。

見た目は、そのまま梨の感じですね。「ラ・フランスをそのまま冷凍したような」なので、実際にそのまま冷凍してはいませんが、ラ・フランス果汁33%なので、ラ・フランス感は出るわけですね。

食感は、もっとシャリシャリしているのかと思いきや、しっとり感のほうが強めです。もともとラ・フランスは、和梨よりシャキシャキ感は少なく、とろけるような口当たりです。

和梨を冷凍したような食感のアイスバーのときと比べてみても、口当たりが違っていますので、その当たりはちゃんとこだわっての製法なのでしょうね。

ラ・フランスの食感をしっかり再現されているのはさすがです。味もさっぱりしていて、かつ甘みがしっかりあります。

このアイスバーは結構好きな味ですね。

リンゴ果汁も入っているのですね。カロリーは、121kcalで、このシリーズにしては高め(和梨は90kcalでした)ですが、アイスクリームとしては、かなり低カロリーの方なので、あまり気にせず食べられるのも嬉しいです。

さっぱりしていて美味しいので、食後のデザートに最適ですね。

クリームブリュレ氷バー

スイーツなかき氷シリーズの棒アイスです。去年もスイーツなかき氷シリーズはたくさんの種類が出でいたのですが、どれも美味しくて大好きでした。

これから夏本番になると、やっぱりこういった冷たさがしっかり感じられるようなアイスクリームがおいしくかんじますね。

クリームブリュレ氷は、昨年はカップアイスでは食べたことがありますが、棒アイスは初めてです。

開けてみるとパルムのような形をしています。

食べてみると、微細な氷が入っていてシャリシャリとしています。そしてしっかりクリームブリュレ感があり美味しいですね。

中のカラメルソースが濃厚で、美味しいです。そして周りのカスタード味のアイスクリームにも、カラメルチップが入っていて、更に外に、またまたカラメルソースのコーティングという感じで、クリームブリュレ感を上手に出している印象です。

これは、お気に入りの1本になりそうです。

カロリーも、1本あたりで94kcalととても低いので嬉しいですね。ガリガリ君の赤城乳業株式会社が作っているので、味の再現性はさすがというほかありません。

税込みで149円という値段もちょうどいい感じです。この夏は何度か食べるような気がしています。

チョコ好きのための生チョコ入りチョコチップミントバー

チョコミントがとても流行っていますね。チョコミン党という言葉ができているくらいです。

自分は、セブンティーンアイスのチョコミントがとても好きで、よく食べています。チョコミントは基本アイスクリームで食べる派です。

ということで、セブンイレブンの新作チョコミントのアイスバーが出ていたので早速食べてみました。

チョコがしっかりコーティングされています。見た目は普通のチョコレートアイスバーという感じですが、それがチョコミントアイスの真骨頂ですね。

中にもしっかりチョコレートが入っています。これが生チョコなのですね。アイスの中に入っているのでなかなかトロリ感はありませんが、食べてみると、しっかりチョコレートが主張してきます。

なめらかな味は確かに生チョコです。

チョコレート感と、しっかりミントアイスがあっていて、チョコレート好きのためのチョコミントというのは納得です。

ミントには、スペアミント、ペパーミント、ハッカを使用しています。ミントアイスにもチョコチップが混じっていて、アクセントになっています。

これは美味しいですし、ミント感がそこまで強いわけではないので、チョコミント初心者にとっても良いのではないでしょうか。

アイスミルクに分類されますので、1本275kcalと少しカロリーは多めですね。税込み181円ですが、生チョコを贅沢に使っていることを考えると、妥当だと思います。

ロッテとセブンイレブンとのコラボ企画なので、味は確かですね。

パイン&マンゴヨーグルト味氷

スイーツかき氷の新しいシリーズが登場でしていたので、チェックしてみました。

パインとマンゴーがたっぷりはいっているので、美味しいですね。スイーツかき氷のシャリシャリ感もそのままなので、あっさりとしていてかつ、しっかりマンゴー感、パインナッツ感が出ています。

マンゴーやパイナップルが好きな方にはおすすめです。

しっかりと甘いので、夏でも甘いかき氷が食べたい方には良いかもしれません。

表面に果実入りのソースが掛かっていて、かき氷の部分とマッチしています。果実感、果汁感たっぷりなので、夏に食べたいスイーツかき氷ですね。

1個あたり、191kcalと思ったほどカロリーも高くないですし、量的にも満足できるくらいありますので、良いかもしれません。

森永乳業の製造なので、ヨーグルト感を出すのが上手な感じがします。ヨーグルト感があってもあっさり食べやすいので、夏本番になると売れると思います。

フルーツヨーグルト味氷

2種のソースがかかったということで、いちご果肉ソースと白桃黄桃みかん果肉ソースが贅沢です。

見た目も綺麗で、これは美味しそうですね。フローズンヨーグルトといちごや黄桃、白桃、みかんなどフルーツはとても相性が良いのでこれはかなり期待できます。

食べてみると、みかんの酸味と甘さが、ヨーグルトの風味とよく合います。そして、スイーツ氷シリーズなので微小な氷が爽やかに後味を良くしてくれています。

一番下の層にはいちごヨーグルト味アイスがあって、味わいが深くなっています。

いちご果肉ソースのところと、黄桃、白桃、みかんの果肉ソースのところで味が変えられるもの食べていて飽きないですし、両方ミックスして食べてもいい感じ。

165kcalと思ったよりすくなめなカロリーも嬉しいですね。170円(税込)とコスパもよくて、おすすめできるセブンプレミアムのスイーツ氷です。

抹茶練乳氷

また、セブンプレミアムのアイスに新作が。

京都の宇治茶葉を使用した、抹茶練乳氷。抹茶好きなので、新商品を見たら脊髄反射的に買ってしまうのですが、抹茶と練乳というのは鉄板ですね。

今年の暑い夏にピッタリのスイーツ氷シリーズですが、抹茶党にとっては最高な感じがあります。

抹茶ティラミス氷と比べると、よりこちらのほうがシンプルで、抹茶と練乳だけで勝負している感が、逆に好感持てます。

抹茶の濃い苦味なども感じつつ、練乳の甘さがいい感じでやってきます。

この緑。

抹茶しかという方には最高なアイスクリームというか、かき氷ナノではないかと思います。

シンプルなので、カロリーも156kcalのみ。抹茶党必須のアイスクリームだと思いました。

ほうじ茶ラテ氷

満を持してというか、ほうじ茶ラテ氷が新発売されていましたので、早速買って食べてみました。

ほうじ茶ラテは、スターバックスなどでも、ほうじ茶系のフラペチーノが期間限定で発売されていたり、ハーゲンダッツでもほうじ茶系のアイスクリームが出ていたりと、ブームの兆しだったので、セブンプレミアムでもいつかは出ると思っていました。

その期待にこたえるというか、やはり流行りのフレーバーはすぐに商品化されるということでしょうか。

開封してみると、バニラアイスのまわりにほうじ茶味のかき氷が配置されていて、練乳とほうじ茶ソースがかかっているという感じです。

食べてみると、ほうじ茶の香りが口に広がって、バニラアイスとの相性も良い感じです。ちょっと大人の味という感じもしますが、美味しいですね。

スイーツ氷シリーズですが、たっぷりバニラアイスを使っているので、カロリーはある程度覚悟していましたが、チェックしてみると、174kcalで、まあ200kcal位内に収まっているので、アリかなと思います。

黒蜜きなこ氷

ハーゲンダッツなどで、黒蜜きなこ系の期間限定のフレーバーが大ヒットしたことがありますが、セブンプレミアムのスイーツ氷シリーズでも、とうとう黒蜜きなこ氷が登場しました。

値段も税込354円ということで、結構強気でハーゲンダッツの期間限定ものよりも高い気もしますが、その分美味しいということなのでしょうか?

ということで、早速購入して食べてみました。

蓋を開けてみると、これは盛り沢山ですね。セブンイレブンのサイトによると、北海道産小豆、沖縄産黒糖をつかった黒蜜と素材にもこだわっているみたいです。

アイスクリームと、わらび餅、白玉かお団子につぶあんとトッピングからして高級アイスクリーム感を漂わせていますね。

スイーツ氷なので、メインはかき氷なのですが、アイスクリームもきなこ風味がして、なかなか美味しいです。

わらび餅は当然ですが、カチコチなので、後で食べるとして、かき氷の部分ももちろんきなこ味で、中に黒蜜が仕込んでありました。

黒蜜はハーゲンダッツのと比べると量も少なくて濃厚な黒蜜を楽しむことはできませんが、程よくきなこ風味のかき氷に馴染んでこれはこれでさっぱりと美味しいです。

アイスクリームとも一緒に食べるものアリで、なかなか色んな味が楽しめます。

程よく柔らかくなってきたわらび餅やお団子と一緒に食べるのもありですね。量も多いので、300円以上の値段は相応なものではないかと思いました。

これを食べるのにカロリーを気にしてはいけないぜと思いつつ、やっぱり気になるカロリーは、245ml入っていて、337kcalでした。

また、お団子やわらび餅、つぶあんも入っているので、炭水化物62.8g(糖質60.7g)なので糖質制限している方には要注意です。

これ単体を空きっ腹に食べるんはあまりおすすめしません。

たまには贅沢にスイーツを楽しみたいということであれば、これはこれでアリかとおもいますし、きなこが好きならおすすめできるのではないかと思います。

果肉たっぷり温州みかん氷

このアイスは、見た目のビジュアルに惹かれました。見た感じ、温州みかんがそのまま乗っているので、これは今年の酷暑にピッタリのアイスクリームというかかき氷だなと思ったわけです。

蓋を開けると、そのまま温州みかんがどーんと乗っています。このみかんだけでも、涼しげな感じがして良きですね。

食べていると、温州みかんの表面が再氷結してきました。かき氷はあっさりみかん味で美味しいです。時折凍ったみかん果実を食べるといい感じです。

これはかなり美味しいのでおすすめですね。そして、それだけじゃなく、なんと底面に温州みかんのクラッシュ果実が敷き詰められているという心にくい演出。

氷の部分だけだとちょっと量が多くて、飽きが来る可能性がありましたが、このクラッシュ果実によってそれも回避できているのは素晴らしいです。

さすがというか、商品名の「果肉たっぷり」というのは、その言葉の通り掛け値なしでした。

そして、かき氷と果肉がメインなので、ガッツリ215mlもあるのにもかかわらず、102kcalというローカロリーと言っても良い素敵なアイスクリーム(かき氷)になっているのも◎でした。

フタバ食品とのプライベートブランドですが、果肉が乗っているアイスクリームのサクレを作っているところということで、このクオリティーには納得です。

 

セブンプレミアムのショコラミントマカロンアイス

セブンイレブンのアイスで、これまた注目なのが、マカロンアイスです。

ショコラミントとミックスベリーの2種類があります。見た目もとてもフォトジェニックで、今を意識した感じのアイスクリームになっています。

税込み248円となかなか強気の値段設定ですが、おそらくはめちゃくちゃ売れると思いますが、自分がよく行くセブンイレブンではすでに売り切れてしまっているのか、1日目に目にしただけで、翌日からは売っていませんでした。

セブンイレブンのアイスで、大ヒットするものはすぐに売り切れてしまって買えないということがままありますが、今年のヒット商品は、このセブンプレミアムのマカロンアイスなのでしょうね。

別の店舗に行ったらこのマカロンアイスがありましたので、早速購入して食べてみました。

パッケージを開けると、チョコミントの香りがしっかりとします。おおこれは香り高いですね。

マカロンアイスなのですが、見た目はとても可愛いです。インスタ映えしそうですね。

お菓子屋さんに売っているマカロンよりサイズは大きいですが、れっきとしたマカロンです。

上は、ミントマカロンで、下はチョコレートマカロンで、ミントアイスを挟んでいます。

食べてみると、しっかりミントが主張してきますし、チョコレートマカロンのチョコ感が、しっかりチョコミントとして機能していますね。

はい、値段は高いのですが、食べごたえがあって、チョコミン党の方には嬉しいアイスではないでしょうか。

また、カロリーが153kcalとこれだけのボリュームがありながら低めに抑えているのも嬉しいところです。

チョコミントが好きな人、チョコミントアイスが好きな人には、しっかりミントが効いているのでおすすめです。人気なのもよくわかりました。

ミックスベリーマカロンアイス

こちらのほうが、よりフォトジェニックな感じのするミックスベリーマカロンアイスです。

こちらも、パッケージを開けた瞬間、いい匂いがしました。ストロベリーな感じの甘い香りがしてテンション上がりました。

ブルーベリー味のマカロンとラズベリー味のマカロンで、ストロベリーアイスを挟んでいます。見た目はピンク基調の色合いで、チョコミントよりも更にインスタ映えするのではないでしょうか。

食べてみると、すごくベリーの風味がします。マルカワの風船ガムのイチゴ味とブルーベリー味のちょうど中間のような味がします。

 

丸川製菓 フーセンガムバラエティ 4粒×50個
丸川製菓
売り上げランキング: 3,421

これのイチゴとブルーベリーを一緒に食べたような感じの甘い味がします。

女性向けという感じがしますね。

色合いはとても可愛いので、かわいい器に盛り付けしたらいい感じになりそうです。

こちらも、153kcalと低く抑えられているので、そこまで気にすることなく食べることができるのも嬉しい点です。

セブンプレミアムのマカロンアイスは、店舗によっては、すぐに無くなってしまって無い場合もありますが、探せばまだまだたくさん売っているので一度食べてみてはいかがでしょうか。

練乳の味わい白くま

鹿児島が発祥の白くまアイス。

もともとは、喫茶店などで、かき氷に練乳をかけて、缶詰などのフルーツを盛り付け、あずきの餡を付け合わせたものです。

それを再現したアイスクリームは、セイカ食品の南国白くまアイスが元祖と言われています。

今回はその白くまアイスを、九州のアイスクリーム製造のセリア・ロイルとセブンイレブンが共同開発で、プライベートブランドから出ているものです。

現在は、2種類出ていて、乗っているフルーツがいちごのみの「いちごがおいしい白くま」と、今回購入した「練乳の味わい白くま」になります。

では早速いただきます。

乗っているフルーツは、いちご、パイナップル、みかん、ブルーベリーです。元祖の南国白くまと比べると、小豆が無いのが特徴です。

たべてみると、フルーツのさっぱりした感じと、練乳かき氷がめちゃくちゃ合いますね。これはうまいです。

かき氷と練乳が層状になっていて、下の方もしっかり練乳かき氷になっているものポイントが高いです。

さすが税込み300円のツワモノアイスクリームです。ハーゲンダッツのノーマルよりも高いんですから。

気になるカロリーは、275kcalです。アイスミルクの分類なので、ガッツリかき氷よりはカロリーは高くなるのは仕方がないですね。

250mlもあるので、それを考えるとローカロリーとも言えそうです。

ただ、いい値段もしますし、それを考えると、しょっちゅう食べるようなタイプではないと思いますが、おいしいので、ハマりそうで、コスパ、カロリー両面で少し怖い気もします。

次は、いちごの方を食べてみたいなと思っています(汗)

マンゴーがいっぱいの黄ぐま

まさか、白くまアイスをもじって、黄ぐまときたかというのが最初の感想です。

マンゴーづくしの白くまアイスということでしょうか、たしかに上に乗っているのはマンゴーの果実ですね。

開けてみると、バニラアイスと、マンゴーの果実がゴロゴロっと乗っています。そのしたにはマンゴーソースでしょうか。そして、そのさらに下の層に練乳があるような感じですね。

側面を見ると、全部マンゴー色してて、マンゴー味のかき氷が入っているようです。

たしかにマンゴーがいっぱいというのは偽りなしですね。

食べてみると、マンゴーソースがいい感じで濃厚な上に、かき氷があっさりしてて美味しいです。

練乳とマンゴーソースとがうまい具合に混ざっていて、おいしいです。さらにマンゴ味のかき氷の中にも、マンゴーの果肉?が入っていて、なかなか心にくい手の込みようでした。

これはマンゴーが好きな人なら、大好物になると思いますね。

濃厚さと、かき氷での清涼さがちょうどいいくらいのバランスです。マンゴー果肉もしっかり入っているので満足できますね。

そして、上に乗っているバニラアイスがまた美味しいです。これとかき氷と一緒に食べるもの良いですし、濃厚なマンゴソースと合わせて食べるのも良しという感じで、1カップでいろんな味の組み合わせが楽しめます。

245mlということで、たっぷりでボリューム感あります。夏の暑いときに食べるのは最高です。

カロリはー255kcalです。メインがかき氷なので、そこまでカロリーも高くないのでおすすめです。

価格は税込311円と300円超えですが、このボリューム感とマンゴーたっぷり感なので納得です。

濃い抹茶もなか

宇治抹茶の深い味わいということで、濃いめの抹茶もなかを食しました。

少し前から気になっていたのですが、抹茶好きとしてはやはりこのアイスモナカは食べざるを得ません。

今年はあつすぎるので、こういったモナカよりも、かき氷系のアイスの方が売れているとは思いますが、このアイスも炎天下で食べても全然いけますね。

濃い抹茶という割には、そこまで濃さを感じませんが、たぶん自分が麻痺しているだけなのかもしれません。

抹茶の苦味が結構すごいのかなと思いましたがそこまでは大丈夫です。

もなかの皮まで抹茶が配合されていて、アイスの部分の緑色はなかなかいい感じですね。

パリパリとした食感がキープされているのもいいですし、なめらかでそれでいて重くないアイスも美味しいです。

抹茶が好きな方にはおすすめできるアイスモナカだと思います。

カロリーは265kcalと少し高めですが、アイスモナカは皮もありますし、そこは仕方がありません。

これで224円(税込み)を高いと感じるか、安いと感じるかは微妙なラインかと思います。

宇治抹茶を使用しているということで、さらに1番茶で旨味を出して、そこに苦味を感じるようにブレンドしているという手の込みようなどで、この値段なのでしょうね。

逆スイカバー

番外編として、セブンイレブン限定の「逆スイカバー」を食べてみました。スイカバーはロッテのアイスクリームで、ロングセラー商品ですね。

自分が10代の頃からあるのでかなりのロングセラーですね。

そのスイカバーの派生版として、セブンイレブン限定?で売られています。

何が逆なのかというと、パッケージの通り、皮の部分と実の部分が入れ替わっている感じなのですね。

実際に見てみると、ちょっと気持ち悪いですね(汗)

でも食べてみると・・・・普通のスイカバーと同じくシャリシャリしていて、たまに種のカリカリ感があって、美味しいです。

見た目は・・・(笑)

ネタにはとてもいいですし、今年のような猛暑にはいい感じです。

スイカバーは、結構大きいのですが、カロリーは125kcalですので、色んな意味でおすすめのアイスですね。

普通のスイカバーの方が見た目は良いと思いますが。

セブンイレブン限定明治プリンアイス&ミルク氷

セブンイレブンの限定シリーズですが、今度は、まさかの明治のプリンをアイスにしたものが発売されていました。

パッケージ自体がめちゃめちゃ目立つので、パット見てすぐに目に飛び込んできますね。

有名なグリコのプッチンプリンのライバル商品が、明治のプリンですが、アイスにするとはなかなかの発想で驚いています。

ということで、こんなの見せられたら買うしかないということで、購入して食べてみました。

カラメルソースもちゃんとあって、その下にプリン味のアイスクリームと、さらにその下にミルク氷があります。

上にクリームが乗ったタイプを模しているのでしょうか。ミルク氷があるので、種類別はアイスクリームではなく、より乳脂肪分が少ないラクトアイスに分類されていますね。

氷がついて見づらいですが、1カップあたり150mlで166kcalと、カロリーも以外に少なめです。

このあたり、ラクトアイスにしたのはカロリーが気になる人でも買えるくらいのカロリーかなと思います。

フタを開けると、おお、そういうことか、カラメルソースが上にあるのですね。

フタにかいてあるそのままの順番ですね。

見た目はだから、プリンの感じは全く無いですね(汗)

ですが、スプーンを入れたら、ちゃんとプリン感が出てきました。

プリン味のアイスとカラメルソースがいい感じです。ミルク氷部分も多いので、しつこい感じはしません。濃厚さはそこまでないですが、しっかりプリン味ですね。

おもったより多いので、ある程度さっぱり頂くことができるので良いかなと思います。

これで170円(税込)は安いかなと思います。しっかり量があって、満足感もありますし、これで166kcalなら言うことなしかなと思います。

プリン感は、そこまで濃厚ではないものの、プリンアイスの再現性は高めです。

でもこれがなぜセブンイレブン限定なのかは分かりませんが、逆スイカバーみたいな商品なのでしょうね。

PARM(パルム)香ばしナッティーショコラ

パルムは、非常に濃厚で、クリーミィなアイスで、私も大好きなのですが、今回は、新しい味が出てきましたので、早速食べてみました。

表の見た目は、普通のパルムとほぼ変わらないです。

この外側のコーティングされているチョコレートが、また美味しいです。

中には、アーモンドプラリネとヘーゼルナッツプラリネが混ざったアイスクリームが入っているのです。

チョコレートアイスには、アーモンドプラリネが、普通のミルクアイスには、ヘーゼルナッツプラリネが入っているとのことです。

アーモンドプラリネとか、ヘーゼルナッツプラリネって何か分からなかったので、調べてみると、プラリネとは、焙煎したナッツ類(主にアーモンドやヘーゼルナッツ)を小さく砕いて、熱した砂糖に混ぜることだそうです。

いわゆる、アーモンドやヘーゼルナッツのカラメリゼということなんですかね。

砂糖をカラメル状にしてアーモンドを一緒に熱してから、細かく砕いて、ペースト状にするのが一般的だそうです。

アイスクリームに入れるのは、ペースト状のものだと思われます。

食べてみると、確かにアーモンドやナッツの香りがして香ばしくて美味しいです。

パルムは、やっぱりチョコレートが美味しいのと、中のアイスが濃厚なので、さらにそこにナッツとカラメルの香りが加わっていて上品な味わいでした。

これで、130円とは恐れ入りますね。

種類別は、アイスクリームで、乳脂肪分が多いので、1本あたり229kcalと、それなりのカロリーがあるので、ダイエット中の方は、少し気をつけておきたい感じです。

 

コメントを残す