東京駅の駅弁 深川めし

深川めし

昨日は時間がなかったので、ご飯が食べられなかったので、東京駅で駅弁を買いました。仕事とかで行くと時間がなくて、御飯食べる間もなく買えるということもありますよね。もちろん旅の帰りに、新幹線で食べる駅弁は格別ですよね。傍らにビールとかあれば尚良いですね。

東京駅の駅弁で名物深川めしの感想

東京駅の駅弁は、ものすごい種類があって悩むのですが、やはりここは東京の名物ということで、みてみると、トト姉ちゃんの舞台になった深川の名物ということで、深川めしというのが目に入りました。あんまり聞いたことがなかったのですが、美味しそうなうなぎとアサリが載っていてこれは美味しいに違いないと購入しました。

新幹線の時間があるので、なかなか選んでる時間がないし、即決しないといけないので、ランキングとかがあるとうれしいですね。

深川めしとは

深川めしとは、門前仲町など深川の界隈で、もともと漁師町として栄えていたために、作られてきた郷土料理です。農林水産省郷土料理100選にも選ばれております。

漁師のご飯ということで、手間を掛けずに、食べるのにも時間がかからず書き込めるということですね。漁師めしはシンプルですが、うまいですよね。

味噌と葱とアサリを煮て、そして、それをあついご飯にぶっかけるというのが原型です。今も深川界隈に行くと、この深川めしを食べさせてくれるお店がたくさんあります。

また、もう一つの深川めしということで、同じくアサリをつかった炊き込みご飯は、職人さんのお弁当用に作られてきました。それが、駅弁になっているのが東京駅の駅弁として、人気です。

東海道新幹線東京駅の駅弁 深川めしの感想

東海道新幹線の改札の中にある駅弁の売り場にある深川めしですが、他のところにもあるようですね。たしょう違うみたいですが、東海道新幹線に乗ったときはおすすめの駅弁のひとつです。

深川めし

穴子の蒲焼きが存在感を放っていますが、深川めしおいては、おまけではありますね。そして、ハゼの甘露煮と、深川めしおいては、メインのアサリです。あさりは甘辛くダシで煮付けてあるので、旨味が噛むほどに出てきます。

そしてご飯もアサリのだしが効いた炊き込みご飯で、これがとても美味しいです。東京だと味が濃いかなって思っていたのですが、この炊き込みご飯は西日本の人でも美味しく食べられます。

付け合せは、べったら漬に、小茄子のぬか漬け、細切りの油揚げです。穴子の香ばしさとアサリのあっさりとした味付けと旨味、はぜの甘辛さがちょうどご飯にもあっていて、三位一体です。

ビールにも日本酒にも合うので、出張が終わってご飯と一緒に一杯とうのでも良いかもしれませんね。。

駅弁の深川めしは、東海道新幹線の東京駅だけではなく、品川駅でも、新横浜でも購入が可能です。機会があればぜひぜひ食べてみてほしい駅弁です。

コメントを残す