ピノ アロマショコラ森永アイスの感想

img_1404

ピノのアロマショコラが新発売ですね。森永のpino(ピノ)アイスは昔エスキモーブランドで出ていたんですよね。ピノは子供の頃は贅沢品でした。だって、小さいひとくちサイズのアイスが6個入ってるだけですからね。それで他のアイスと同じくらいの値段なので、リッチなアイスでした。

その新作が新発売ということで、コンビニで見かけてすぐに購入しちゃいました。美味しそうです。普通のピノもめっちゃシンプルですが美味しいですよね。チョコレートも好きなのでこれは自分にとっては食べるまでもなく美味しいと思うわけです。

ピノアロマショコラ 森永の新発売アイス

img_1408

ピノの他のフレーバーの中でもかなり美味しいと予想して思わず買ったのですが、なんでもカカオがドミニカ産ということが売りなのですね。ドミニカ産のカカオから取れたカカオマスを使って、濃厚なチョコレートを使っているのだそうです。

ピノは元々外側をチョコレートでコーティングされていますが、その中のアイスが通常のピノは普通のバニラアイスですが、このアロマショコラは、チョコレートアイスクリーム担っています。

パッケージの裏には濃厚フルーティなチョコレートアイスという説明ですが、濃厚はわかりますが、フルーティというのがわかりません。フルーティなチョコレートってどういうことなのでしょうか?食べてみてってことかなと思ったので早速食べました。

ピノ アロマショコラ 星

ピノの楽しみは食べるときだけではありません。いつもパッケージを開けるときにもちょっとドキドキしませんか?

なんで?ってそれは、星型のピノが入ってる時があります。それを見つけたら凄くラッキーな感じになれるのでいつもドキドキしながらパッケージを開けます。今回は残念ですが星は入ってなかったですが、ピノを食べる楽しみのひとつです。

img_1406

通常のピノよりも黒い気がします。ピックの色が違うので特別感があります。で、このアロマショコラは、外側のチョコレートにも、中のチョコアイスにも、ドミニカ産のカカオを使っています。

ドミニカ産のカカオの特徴に果実感=フルーティがあるということです。更に、アロマ感が残りやすい、カカオ豆ローストという手法で焙煎しているのでさらにいい香りがします。確かにパッケージを開けたらチョコレートのいい匂いがしました。

ピノのアロマショコラのチョコアイス

チョコアイスにもこだわりがあるそうです。チョコアイスにもドミニカ産のカカオが使われているので、一粒まるごと芳醇な香りが楽しめます。

さらにクーベルチュールチョコレートをチョコアイスには使っているので、なめらかな食感が売りなのだそうです。確かに食べましたが、いつも以上になめらかなアイスクリームでした。

美味しいというのが率直な感想です。チョコレートが好きで、アイスクリームも好きならおすすめですね。

クーベルチュールチョコレートとは、通常のチョコレートよりも油脂が多いためよりなめらかな食感があるチョコレートです。洋菓子店などやチョコレート専門店などでよく使われているチョコレートですね。

ピノ アロマショコラのカロリーと内容量

アロマショコラも他のピノと同じ1粒10mlです。一粒あたりのカロリーは、36kcalと控えめです。一箱食べても220kcal程度なので食べ過ぎは良くないですが、食後にデザートとして食べる分には大丈夫でしょうね。

もちろんですが、毎日食べるようなことはしないほうが良いと思います。美味しいから食べた後からいっぱい食べないようにした方がいいかとは思います。

コメントを残す