にしき堂のもみじ饅頭と生もみじをバラ売りで数種類買って見て食べ比べ

広島県のお土産といえば、もみじ饅頭というかたは多いのではないかと思います。福山サービスエリアの上り線でも、にしき堂のもみじ饅頭がありました。

にしき堂のもみじ饅頭は、バラ売り対応してくれているのでお土産でも、自分たちで食べるように好きな味を買って行くでも良いですよね。

にしき堂のもみじ饅頭と生もみじの種類

もみじ饅頭といえば、広島県の厳島(安芸の宮島)で売られ始めたのが元祖です。安芸の宮島の紅葉の名所である紅葉谷から名付けられたと言われています。

にしき堂のもみじ饅頭が知名度がありますが、宮島に行けば焼きたてのもみじ饅頭を販売していたりと、たくさんの和菓子メーカーがもみじ饅頭を作っています。

当時は宮島の名物でしたが、知名度とともに広がって広島県全域のおみやげとして定着しています。

にしき堂のもみじ饅頭と、生もみじはいろいろな味があります。またドラえもんが描かれているどこでももみじもあります。

福山サービスエリア上り線で売っていたもみじ饅頭の種類を紹介します。

もみじ饅頭の種類と値段

ノーマルのもみじ饅頭は、最も種類がたくさんあります。

一般的なのは、こしあんと粒あんですね。個人的には、粒あんもみじのほうが好きです。こしあん派と粒あん派がいると思うので、こしあんもみじもたくさん売れています。

いずれも値段は、1つ85円(税込)です。バラ売りでこの値段ならお買い得ですね。

定番の粒あんもみじ

定番中の定番、粒あんもみじです。あんこ大好きなあんこ部の方はやっぱりこちらになるのでしょうね。自分もやっぱり定番の味は捨てがたいですね。

いつもおみやげでもらって食べているのも粒あんかこしあんのもみじ饅頭ですので、他の味を買ってみました。

まっちゃもみじ

お芋もみじ

お芋もみじは、焼き芋のペーストを飴と砂糖で味を整えた餡をカステラ生地で包んだものになります。確かにしっかりさつまいもの味がします。黒い粒は皮だそうです。

なかなか美味しかったです。さつまいもの好きな方にはおすすめです。値段は85円(税込)です。

賞味期限は、製造日から14日間なので、意外にも持ちますのでお土産でお渡しするのにも最適ですね。

お餅もみじ

お餅もみじは中に餅餡入っています。柚子の香りがほのかに香っておいしいです。食感も他のもみじ饅頭とはぜんぜん違うのですが、これがまた美味しいです。

ふわふわのカステラ生地ともちもちしたお餅餡がとても合っていて大好きな味です。

こちらも賞味期限は14日間ですので、安心です。値段も85円です。

チーズクリームモミジ

こちらは、カスタードクリームみたいな色合いなのですが、すごくチーズ感があります。甘さよりもチーズの風味が勝っている感じで、もみじ饅頭というよりも全く別のもののように思います。

にしき堂の公式サイトによると、冷凍するとアイスクリームみたいになるそうです。

こちらも85円(税込)で、賞味期限も製造から14日間です。

チョコレートモミジ

チョコレートクリームが入っているもみじ饅頭です。チョコレート好きにとってはこの濃厚さとカステラ生地のマッチングがとてもうれしいです。

もみじ饅頭の中で、粒あんを除いて一番好きな味です。こちらも冷凍するとアイスクリームのような味わいになるそうです。

こちらも85円(税込)で、賞味期限も製造から14日間です。

生もみじともみじ饅頭の違い

生もみじは、普通のもみじ饅頭とは全く食感が違って、まさに生ということで人気があります。

通常のもみじ饅頭とはどういう違いがあるのでしょうか?

普通のもみじ饅頭は、紅葉をかたどっている形をしていますが、生もみじはちょっと形が違います。

生もみじの形は紅葉といえば紅葉ですが、そしてさらに鹿を型取りしているのでわかりやすいです。

生もみじは、皮の部分がもちもちしています。その食感がレア感を出していますね。手で2つに割ろうとしても上手に割ることが出来ません。

普通のもみじ饅頭は、さくっと綺麗に割ることが出来ますが、それはカステラ生地だからですね。

生もみじは、生地にもち米と米粉と水飴が入っているのでもちもちの食感になります。生地も薄く均等です。にしき堂が総力を上げて開発した新商品で、かなりの人気商品です。

独特の食感が癖になるのが生もみじの特徴です。

生もみじの種類と値段

生もみじはもみじ饅頭ほど種類は多くはないですが、今後は増えていくのかも知れません。値段も120円と普通のもみじ饅頭よりも割高ですが、それでも人気があって売れ行きも絶好調だそうです。

粒あんの生もみじ

粒あんの生もみじ、気に入っているので、おみやげでもらったらいつもこれから食べちゃいます。

こしあんの生もみじ

こしあんの生もみじです。こしあん派の方にはこちらですね。自分は粒あんもこしあんもいけるのですが、どっちかを選ぶと粒あんになりますね。

ただ、生もみじはこしあんの滑らかさが米粉の生地とあっている気がしています。

抹茶の生もみじ

抹茶の生もみじ、美味しいです。

こちらは抹茶生もみじです。いんげん豆の餡に抹茶を加えているそうです。抹茶好きにはたまらないです。

生もみじももみじ饅頭と同じく賞味期限は製造から14日間です。生とはいっても日持ちはします。

最近では生もみじの方が人気

最近では、独特の食感があって、生もみじの方が人気になっているそうです。お土産でも、生もみじの詰め合わせセットが良く売れているとのことでした。

セットは、6個入り、8個入り、10個入り、15個入り、20個入り、32個入りとあり、化粧箱に入っているのでお土産や、菓子折りを持参するときなどに便利ですね。

6個入りで、770円で、オンラインショップなどでも購入することが出来ます。

もみじ饅頭のカロリー

もみじ饅頭や生もみじは、美味しいのですが、その分食べ過ぎには注意かもしれません。

こだわりの北海道十勝産の小豆や広島産の米粉やもち米などを材料にしているのですが、美味しい分気になるのはカロリーです。

カロリー表記がないので、1つあたりどれくらいのカロリーがあるのか調べてみました。

もみじ饅頭・・・103~112kcal
生もみじ・・・111~114kcal

ということだそうです。味によって多少変わるようですが、1つあたり110kcal前後だそうです。

もみじ饅頭は美味しいので、食べだすと2,3個はぺろって食べられるので注意が必要ですね。

にしき堂のオンラインショップ

にしき堂にはオンラインショップがあります。もみじ饅頭や生もみじはもちろんですが、ほかの銘菓もお取り寄せすることができます。

また、いろいろな詰め合わせなどもあります。マツダとコラボしたロードスター100万台記念の詰め合わせや、錦もみじといって、もみじ饅頭の各種の味が楽しめる詰め合わせもあります。

お取り寄せなので、さすがにバラ売りはありませんが、いろんな形でも詰め合わせがあるのでいいですね。

STU48とコラボした瀬戸内レモン味のSTUもみじ

広島の友人に会ったときにお土産としてもらいました。瀬戸内レモン味というのは、初めてだったのですが、食べてみるととても美味しくて、今までのもみじまんじゅうとはまた違った感じです。

レモンのジュレが入っていて、甘くて酸っぱいのですが、爽やかな味がして、夏にはぴったりです。

オンラインショップでも買うことが出来るそうなのでチェックしてたら、冷やしたり、冷凍したりして食べると美味しいとのこと。

また、このSTU48というのは、友人曰く、国民的アイドルのAKB48の派生グループということだそうです。大阪にもNMB(難波)があるのですが、このSTUというのは瀬戸内ということで、瀬戸内地方のことだそうです。

瀬戸内ってなかなか幅広いというか、広い範囲をカバーしているのですね。地元にできたアイドルということで、地域密着型として注目されているとのこと。

全国からファンが集まったときにお土産として買って買えるのだそうで、たしかにそれであればなかなか売れ行きも好調なのではないでしょうか。

にしき堂のもみじ饅頭のまとめ

にしき堂は、もみじ饅頭や生もみじが大人気で、有名ですので、広島のお土産として特におすすめできるものです。

とくに、生もみじはここ近年で広まり、大人気なので喜ばれます。いろんな味があるので味の変化なども楽しめるのもいいですね。

またアイドルとコラボした、瀬戸内レモン味など新しい試みをしていていろんな味のもみじまんじゅうを食べられるのも良いですね。

コメントを残す