七草粥 レシピ

fotolia_72927109_xs

年末年始にご馳走食べて、疲れた胃腸に、七草粥は優しいです。美味しい七草粥の作り方や、そもそも七草粥というのはどういうところから始まったのでしょう?由来なども気になるので、調べてみました。

七草粥の由来とレシピ

七草粥を食べる1月7日は、人日の節句といって、1年に5つある五節句のひとつです。五節句は、1月7日の人日の節句、3月3日の上巳の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句です。

古代中国では、お正月1日から毎日占いをしていました。1日には鶏、2日は狛(犬)3日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人を占って新年の運勢を見ていたのです。

それぞれの日には占いの対象となるものを大切にする日ということで、7日は人を大事にするにという風習になっていたようです。さらに唐の時代には、七種菜羹(ななしゅさいのかん)という七種類の若菜を入れた汁物をたべて、無病息災を願うような風習になっていたそうです。

平安時代に、そういった風習が中国から入ってきて、日本に元々あった若菜摘みの行事と一緒になって、1月7日に七草粥を食べて、無病息災を願うようになったとされています。

江戸時代には、五節句が決められて、人日の節句に七草粥を食べる風習が庶民にも定着しました。現在では、お正月のご馳走から、胃腸を休める意味も加わって七草粥の風習が出来上がりました。

ということで、七草粥ですが、七種類の野草が入ることになります。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろの七種類ですが、現在ではほとんど食べることもなくなったものも多くあります。

9059361

またすずなはカブで、すずしろは大根のことですが、根っこを入れるのではなく、葉の部分を入れていました。

芹(せり)は、水辺の山菜で食欲増進の働きがあります。なずなは、ペンペン草のことで、日本のどこにでも生えているということで中世ではポピュラーな食材でした。御形(ごぎょう)は草餅でも使われていた野草で風邪予防の効果があると言われています。

はこべらは、ビタミンAが豊富で、腹痛の薬としても使われていました。仏の座(ほとけのざ)は、タビラコという別名があり、食物繊維が豊富でお通じに良いとされています。菘(すずな)はカブのことで、葉には、ビタミンが豊富に含まれています。

蘿蔔(すずしろ)は大根のことで、葉には風邪予防の効果があると言われています。すべて春の七草を入れないといけないという決まりはありませんが、七草粥といえば、春の七草というくらい正式には春の七草を入れたいですね。

地方によっては、お餅を一緒に入れるところや、大根やカブは根の部分も入れるところもあります。ワタシも昔は、お餅入りの七草粥を食べていました。

七草粥のおいしいレシピを紹介

昔の野草や山菜が春の七草なので、お世辞にもそれら単体では美味しいとはいえない食材でもあります。ですが、うまくアレンジすれば美味しい七草粥が食べれられます。

今は、スーパーなどでも、七草セットということで、春の七草が全部入ったセットが売っています。通販でもフリーズドライセットがあります。量が物足りない場合は、白菜やネギなどを入れてもいいかと思います。

七草粥の作り方ですが、オーソドックスなのは、土鍋で作ると美味しく出来ます。
1合のお米に対して1リットルの水でつくります。

米を研いで土鍋に入れて水を入れて、30分~1時間ほど水につけておきます。水につけておかないと固く仕上がるのでお粥になりづらいです。

蓋をして、強火で火にかけます。沸騰してきたら、中火から弱火にして、1時間弱炊きます。お米が柔らかくなって、お粥になってきたら、七草を入れます。カブや大根の本体を入れる場合は、お米をたくところから入れておきますが、葉の場合はこのタイミングで入れます。

塩で味を整えて出来上がりです。玉子でとじたり、だしを入れておいて作るのもアリですね。またお餅を入れるとまた違った食感もあって美味しいです。

七草粥の炊飯器を使った簡単レシピ

12875716

最近の炊飯器はおかゆも炊けるようになっているので、土鍋で作らなくても炊飯器でも七草粥が作れます。炊飯器の場合、おかゆを作るモードがあるので、それでスイッチを入れて炊けばOkです。炊き上がる頃合いを見計らって、七草をさっと熱湯に湯通しします。

その七草を炊飯器に入れて5分位保温し、塩で味を整えて出来上がりです。
大根とカブの根を入れる場合は、火が通りにくいので、塩ゆでしてから入れます。

七草粥に追加で入れて美味しいものを紹介しておきます。七草粥のままだとちょっと味気ないという方は、トッピングとして追加するといいかと思います。

梅干し、海苔、海苔の佃煮、わさびのふりかけ、しらす干し、卵、塩昆布、おかか、明太子、塩鮭、とろろ昆布などなどもとがシンプルな味付けなのでいろいろとアレンジが楽しめます。

おいしい中華風七草粥レシピ

中華風の七草粥の作り方ですが、通常の七草粥を作る途中で、鶏がらスープをいれるだけ。お米1合に対して、小さじ4杯~6杯くらいが目安ですが、お好みで味を整えてくださいね。

溶き卵を入れて中華風雑炊にするのもいいかと思います。その場合は、卵で味が薄くなるので、多めに鶏がらスープを入れます。味覇を入れるのもアリです。

クコの実とかがあれば、さらに雰囲気がでて良いかもしれませんね。七草のパックがなければ、大根やカブだけでも大丈夫ですし、白菜を入れるのも美味しいのでおすすめです。

コメントを残す