塚口の天ぷら屋さん 米と天ぷら悠々でランチ

米と天ぷら悠々の外観

前々から気になっていた米と天ぷら悠々にランチを食べに行ってきました。このお店は、天ぷら屋さんなのですが、もともとは、すぐそばのうどん工房悠々の姉妹店になります。

外観もなかなかオシャレかつ、木の温かみが感じられるような作りですし、姉妹店ということで、嫌でも期待が高まります。

米と天ぷら悠々のランチタイムのメニュー

うどん工房悠々には何度か行ったことがあり、出汁が美味しいのと、本格的な讃岐うどんとして、麺がもちもちでコシがある美味しいうどん屋さんです。

じつは天ぷらも評判が良くて、天ぷらが乗っかっているぶっかけうどんや、天ぷら冷やしうどんなどは夏場によく食べていたうどんの1つです。

常連さんとかは、天ぷらとお酒というかんじで、始まり、締めにうどんを食べて帰るという方も多いようで、美味しそうな日本酒がたくさん店内には並んでいました。

そういったお店の姉妹店ということで、期待値ははじめからマックスで、お店の前を通る度に食べたいな~って思っていた次第です。

前置きが長くなりましたが、早速ランチタイムに行くと、店前のブラックボードに今日のおすすめなのでしょうか、ランチタイムのメニューが乗っていました。

天丼が美味しそうだと思いながら入店。店内のメニューには、もう少し詳しく乗っていました。

夏の天ぷら丼ぶりに惹かれたのですが、店内のメニューをみると、やっぱり天ぷらごはんにしようと思いました。

米と天ぷらという店名にもあるように、ここはお米にもこだわっているそうなので、じゃあ白米の美味しさも味わいたいと思い、丼ぶりものより、白ご飯にしました。

今度は丼ぶりものにも挑戦したいですが、準備中となっていた三色の野菜天のだし茶漬けも魅力的ですね。

米と天ぷら悠々の天ぷらごはんの感想

米と天ぷら悠々の天ぷらごはん

注文して、程なく天ぷらを揚げる音が心地よく聞こえてきて、しばらくしてお待ちかねの天ぷらごはんが到着。

ザワークラウトが乗っているサラダとお吸い物とお漬物はすべてのランチメニューについてくるようです。

まずは、お吸物を一口。さすが、うどん工房悠々の姉妹店です。悠々の出汁は昆布出汁がよく出ていて美味しいです。わかめもたっぷりで健康的。

次は、いよいよ天ぷら。野菜五種ということなのですが、1つはエノキ?よく見ると、かきの木茸ですね(笑)。パプリカとかぼちゃ、えんどう豆最後の1つが見た目には何かわからなかったのですが、食べてみてびっくりしました。

はいこれは、レモンですね。レモンの天ぷら。初めて食べましたが、酸味がまろやかになっていて美味しかったです。

米と天ぷら悠々の天ぷらは、米油であげているそうなので、スッキリして重くないのが特徴ということでしたが、野菜やきのこを食べるとその違いがわかりやすいですね。

衣も薄くて、サクサクしてて美味しかったです。

そして、決めの細かい塩と天つゆ両方味わえるのも嬉しい点でした。塩はどこの塩かわかりませんが、旨味があって美味しい塩でした(*^_^*)

メインは海老とキスと鶏ということでしたが、海老はぷりぷりでめっちゃ美味しかったですし、鶏の火の入り具合は、絶妙でした。ささみだと思うのですがぱさつかずにしっとり柔らかくて、美味しい塩と食べると最高でした。

キスも白身がおいしくて、サクサクの衣と天つゆが美味しかったです。

つぎは、ご飯ですね。実はもともとココのお店をチェックしたのは、蛇紋岩米が食べられるということでめっちゃ期待してたのですが、蛇紋岩米はもうこの時期無くなったのかもしれません。

今は、高千穂のひのひかりでした。もちもちのお米だということで、一口。

好みの問題かもしれませんが、ご飯がもちもちすぎるというか、ちょっとねっとりしすぎてて、僕はそこまで美味しいとは思わなかったですが、普通には美味しいです。

もちもちの粘りが強いお米が好きな方はいいかもしれませんし、期待値がマックスだったので、たぶんそれが原因かと思います。

僕は、近江米のコシヒカリを作っていた家で小さい頃から育っているので、ちょっとお米に関しては厳しいかもしれません。また、精米してからの時間が経っていてお米の鮮度が落ちているのかもしれませんが、夏なので仕方がないですね。

新米の季節にいって、蛇紋岩米を食べてみたいです。

あと、ご飯の量は、少なめです。一口も食べていない状態なのですが、控えめなのは客層が上だからだと思います。僕も少ないほうがいいので、これで腹8分目で、昼からの仕事にも影響がないのがうれしいです。

そして、物足りない人には、50円アップで少し多めに出来ますし、150円アップでしっかり多めにもできます。

こうして、ご飯を食べたい人にも気配りされているのは嬉しい点ですね。

がっつり行きたいときはしっかり多めで食べてみたいです。

 

米と天ぷら悠々の夜のメニュー

店内は、カウンターが10席ほどで、テーブル席が4人がけで2つある感じで小洒落た小料理屋みたいなオシャレな内装で落ち着きます。

そして、カウンターの奥に置いてある数々の日本酒に嫌でも目が行っちゃいます。

七本槍飲みたいです。京都のアイスブレーカーって、ペンギンのボトルの玉川 Ice Breakerのことですかね??

クラッシュアイスの上に注いで飲むやつですね。おいしそう~。実は熱燗でも美味しい濃ゆいお酒です。

まだこれから仕事があるのに、昼から呑みたくなりました。

ということで、夜のメニューもチェックしてみました。

居酒屋的な細かい一品はないものの、天ぷらメインのメニューですね。おばんざい4種盛り合わせとか、美味しそうですし、夏季限定の鱧のだししゃぶしゃぶ鍋とか美味しそうですね。

うどんにするかごはんにするか悩むところですね。

ちょっと晩ごはんたべながら、美味しいお酒を飲むっていう感じにいいかもしれません。

米と天ぷら悠々のアクセスと店舗情報

米と天ぷらは、阪急塚口駅の南、さんさんタウンを抜けて、向かいのセブンイレブンの横の道を南に20メートル位入ったところにあります。

さんさんタウンにあある、姉妹店のうどん工房悠々の近くですね。地図を参考にしてもらったら迷わずに到着できると思います。駅からは徒歩4分かかるかどうかですね。

米と天ぷら 悠々の店舗情報
営業時間:昼11:00~15:00
夜17:00~21:00(L.O.20:45)
電話:06-7709-4996 (予約可能です)
住所:尼崎市南塚口町2-15-28
定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日が定休日にスライド)

余談なのですが、近々ランチタイムに新メニューが出るそうです。それは冷やし天ぷらだし茶漬け的なものだそうです。

出汁をジュレにして、それで出汁をかけて食べるそうです。まだ構想中的な感じだったので、どうなるのか楽しみです。

悠々の出汁は、それだけで売り出してほしいくらい美味しいので、それをジュレにするなんてお洒落ですよね。

インスタジェニックな写真がとれるので、女子にも人気メニューになりそうです。期待したいです(*^_^*)

コメントを残す