広島の牡蠣 殻付きの処理と食べ方

img_1378

広島の殻付きの牡蠣を送って頂いたとのことで知人宅に食べに行きました。殻を剥いたことがなかったので、どうやってするのか教えてチャレンジしてきました。殻付きの牡蠣の処理と簡単で美味しい食べ方なども教えてもらって堪能しました。

広島の牡蠣 殻付きの簡単な処理

牡蠣といえば広島、広島といえば牡蠣と言うくらい有名ですよね。牡蠣の旬は、Rのつく月とよく言いますが、基本、冬(12月~3月)と思っていれば間違いないです。真牡蠣の場合は、産卵期が9月と5月くらいなのでその後は美味しくなく、産卵期の前が美味しくなります。

牡蠣の下処理ですが、生きた牡蠣の場合は、海水濃度水につけておくと自分で泥を吐きますのでそのまましておいて、1つずつたわしで貝殻の汚れを取り除きます。

取り除いた牡蠣をきれいな海水濃度水につけておくとさらに泥などをはいて綺麗にしますので美味しく頂けると思います。海水濃度水で処理するのがポイントです。

通販で、冷凍や冷蔵のものは処理しているものが多いので水で洗う形になります。
広島の牡蠣は大粒で、美味しいとは聞いていましたがほんとにごついですね。殻付きの牡蠣はまず、この固い貝殻を開けてあげないと食べられません。

新鮮な牡蠣は開けて、そのまま焼いて食べるのが一番ということで、処理もまずは牡蠣を剥くことがスタートになりました。

殻付きの牡蠣の処理 簡単な剥き方

kakinomukikata

牡蠣用のナイフがあるのでそれを使います。牡蠣の貝はかなり鋭いので油断してるとすぐに手が切れて血まみれになるので注意が必要です。牡蠣を持つ左手に軍手か耐熱手袋などの分厚い手袋をつけて牡蠣を手に持ちます。膨らんだ側の貝殻を器にしますので、膨らんだ側をしたにしてもつと、右側に隙間が少し見えます。

その隙間に牡蠣ナイフを突っ込みます。力をじわじわ入れて突っ込みますと貝の中にナイフが入りますのでそこで平行に動かして貝柱を切ります。上手に貝柱が切れたら牡蠣が開きますので取り残しがないようにナイフでこすりとって上部の貝殻を開いて取ります。

このときに素手の右手で開くと切れるので、軍手をつけるか、牡蠣ナイフで開くようにします。完全に貝殻が開ききったら、あとは簡単にとれます。

貝殻を損傷しないように注意深く牡蠣ナイフを中に入れるのが一苦労でしたが、何回かやっているとコツが掴めます。貝殻の破片がはいると食べるときに困るので注意深く貝殻の破片を取りに除きます。

牡蠣の食べ方 フライパン

img_1370

今回はアウトドアの達人がいたので、炭火でダッチオーブンに入れて、殻付きのカキを焼きました。玉葱のみじん切りや白髪ネギを入れてダッチオーブンを火にかけます。

別の容器で、ごま油を熱しておきます。焼けた牡蠣に流し入れますので、1つについて大さじ2杯位ですね。5個牡蠣を焼いているなら、10杯分くらいのごま油を容器に入れて熱しておきます。

ダッチオーブンの場合は炭火の火加減で10分~20分ほどで焼けますので、蓋を開けて、
ごま油を流し入れて、完成です。凄く香ばしく出来ますし、油っぽくないですし、超絶に美味しいですね。

家庭でする場合は、厚手のフライパン(蓋付き)を使います。アルミホイルを敷いたフライパンを用意します。

十分に熱したフライパンに牡蠣を並べます。そこに白髪ネギをひとつまみ。あとは、蓋をして中火~弱火で10分ほど待ちます。

牡蠣から水分が出て、グツグツしてきたらOKなのですが、火加減が強すぎると仲間で火が通らないので出来る限り弱火でかつフライパンが冷えないようにするのが美味しく焼けるポイントではないかとおもいます。

ごま油も家でやる場合は、大さじ1杯でもいいかと思います。あまり多いと油が飛びすぎるので大変です。ごま油をかけるときは火を消してからやると安全です。ごま油の加熱が足らないと香ばしさが出ないのでごま油は190度以上にはしておきましょう。

白髪ネギとごま油の代わりに、市販のホワイトソースでも美味しく出来ます。市販のホワイトソースにバジルをチラしてから貝殻に入れて同じように蓋をして焼きます。

kakiwhitesource

すると牡蠣のお汁といい具合にブレンドされて超美味しい牡蠣のクリーム煮になります。美味しすぎます。

牡蠣を殻付きのまま電子レンジで調理する方法

電子レンジで簡単に牡蠣を蒸しガキにできるということなのですが、心配なのは爆発しないかということですね。

牡蠣の貝殻が完全に密封されていると爆発するかもしれませんのでキリなどで穴を開けておくことをしておけば大丈夫だと思います。もともと二枚貝なので隙間が少しあるはずですのでそこに突っ込んで穴を大きくしておきます。

耐熱皿に牡蠣を、膨らんだ側の貝殻をしたにして並べておきます。その上にふんわりラップをして500Wなら5分前後チンをして蓋が開いてきたら取り出して、バターナイフなどで貝殻を開いて取ります。貝柱を取ったら簡単に取れます。

あとはお好みでレモン汁やポン酢などを懸けて食べると超絶美味しいです。電子レンジでやるといいのは、日が中まで通り切るので安心です。

コメントを残す