セブンイレブン限定ハーゲンダッツジャポネ抹茶あずき黒蜜の感想

ハーゲンダッツの新作が出ていましたので、早速チェックしてみました。セブンイレブン限定の「ジャポネ抹茶あずき黒蜜」です。

ジャポネでは、定番の黒蜜系の味で、最初のジャポネシリーズをリニューアルしてパワーアップしてきた商品とのこと。

ハーゲンダッツジャポネシリーズとは

ハーゲンダッツのジャポネシリーズは、セブンイレブンとハーゲンダッツが共同で企画開発しています。

当然、すべてセブンイレブン限定になりますが、 2013年の秋からずっとヒット商品を出し続けている人気シリーズになります。

コンセプトは、「本格的な和の味わいにこだわるスイーツ」というもので、きなこや黒蜜、抹茶にあずきなどなど和菓子だったり、和風のスイーツ全般の素材からチョイスされています。

これまでに10個の商品を生み出していますが、11弾目として、今回の「抹茶あずき黒蜜」が発売されたということになります。

これまでの商品

第 1弾 2013年10月発売 『ジャポネ<抹茶アズキ>』
第 2弾 2014年 6月発売 『ジャポネ<バニラ&きなこ黒蜜>』
第 3弾 2014年11月発売 『ジャポネ<苺アズキ>』
第 4弾 2015年 6月発売 『ジャポネ<抹茶きなこ黒蜜>』
第 5弾 2015年10月発売 『ジャポネ<和栗あずき>』
第 6弾 2016年 6月発売 『ジャポネ<黒蜜きなこアズキ>』
第 7弾 2016年10月発売 『ジャポネ<くるみ黒蜜こしあん>』
第 8弾 2017年 7月発売 『ジャポネ<ダブル抹茶~練乳黒みつ~>』
第 9弾 2017年10月発売 『ジャポネ<バニラ&きなこ黒蜜>~濃厚仕立て~』
第10弾2018年 6月発売  『ジャポネ<あずき重ね>~きなこ練乳仕立て~』

素材としては、

黒蜜が6回、きなこが5回、あずきが5回、抹茶が3回、練乳が2回、くるみ、いちご、和栗、バニラとなっています。

きなこと黒蜜の組み合わせでヒットしたので、それが多いですね。

新発売の抹茶あずき黒蜜

今回9月発売の抹茶あずき黒蜜は、人気の素材を組み合わせた形になっている他、第1回の抹茶アズキのリニューアル版となります。

黒蜜の甘さを抑えて、抹茶あずきの味を引き立てるようにした他、あずきは粒を小さくして増量することに寄って、食感も楽しめるようになっているとのことです。

もともと第1弾の抹茶あずきが、とても好評で、再販してほしいとの声がおおきい人気商品だったとのことで、それで、今回のリニューアルしての復活という風になったということ。

抹茶アズキから抹茶あずき黒蜜となりましたが、黒蜜は脇役として主役の抹茶とアズキを引き立てるように変えている点と、抹茶アイスクリームがとても香り高く、ハーゲンダッツのミルクアイスクリームともよく合うように出来ているとのことで、とても期待が高まります。

抹茶あずき黒蜜の感想

パッケージを取るとまずは、この黒蜜の存在感が出迎えてくれます。脇役として控えているはずが、最初に黒蜜しか見えないという意外性。

たしかに、商品名に、黒蜜を入れてきたので、脇役として控えるというよりは、この黒蜜あるからこそ、引き立つのだという主張にも見えます。

隠し味的にするなら、ミルクアイスクリームの下に配しておくのも1つですが、そうではないように思います。

このビジュアルは、ジャポネシリーズをよく食べている方ならお馴染みではありますが。

購入して少し時間が経つと、とろけてきて食べやすくなります。そこはレギュラーのハーゲンダッツ製品と同じです。

全部の断面を拾うようにスプーンをいれると、このような感じ。

一番上に、黒蜜の層があり、次に抹茶アイスクリーム、そしてつぶあんの層があり、下にミルクアイスクリームという配されています。

黒蜜と抹茶のグリーンがとても映えていいかんじですね。

食べた感想は、抹茶感とミルクアイスクリームがちょうど合っていてそこに、つぶあんの粒感と、黒蜜の香りが少し。

これは美味しいです。リニューアルということで、かなり気を使って製品開発したのではないでしょうか。

スプーンがなかなか止まりません。ジャポネシリーズは、税込300円をサクッと超えてくる値段設定で、カップアイスにそこまでお金をかけるのは、贅沢だなと思いますが、それだけの値打ちはあると思います。

最初よりさらにアイスクリームが溶けてくるとさらにまろやかさが加わって、黒蜜もとろりとしてきて美味しさが食べ進むごとに増えていくような感覚になります。

できれば、すべての層を一緒に口に入れて味わうといい感じで、味のハーモニーを味わうことができると思います。

完全に和スイーツなテイストなので、苦手な方は買わないと思いますが、これからの季節にゆっくりと濃厚なアイスクリームを味わいたいという方には、おすすめできますね。

こたつに入って、じっくり味わうというのが、とても贅沢な食べ方になるかなと思いますが、果たしてこたつが出てくる季節まで残っているかどうか。

製品情報とカロリー、価格

ハーゲンダッツは、種類別でアイスクリームになるのは当然ですね。入固形分と乳脂肪分は、合わせて15%ということで、なめらかでかつコクがある濃厚なアイスクリームなのは成分をみても納得です。

原材料名も、香料とかは使わずにこだわっているのがよくわかります。

練乳も隠し味に使っているのですね。

栄養成分表示ですが、1個108mlで、カロリーが、263kcalとなっています。さすがハーゲンダッツ、ダイエットにはむきませんが、スイーツということで考えると、一般的なショートケーキが350kcal程度なので、それと比べるとローカロリーになりますね。

これで、税込370円、全国のセブンイレブンで11日から発売中です。

毎日のように食べるものではないので、週一とか、月1回とかにご褒美スイーツ的に食べるのが良いのかもですね。

まとめ

ハーゲンダッツのセブンイレブン限定ジャポネシリーズは、外さないところついてきますが、第11弾の抹茶あずき黒蜜も同じように美味しかったです。

9月11日から発売されており、製造はどれくらいしているのかは分かりませんが、人気が出たらあっという間に売り切れてしまう可能性があります。

つぶあんが入っていて、抹茶も使っているので、それらが苦手な方は買わないのですが、それでも使っているは自信の現れでしょうか。

セブンイレブンのPOSで、反響も上がってくるでしょうし、過去のデータも合っての上での商品開発なので、今回の新商品もどれくらいヒットするのかも楽しみです。

また今回も、セブンイレブンだけではなく、ライバルのローソンでも限定商品がでているので、またチェックしたいと思いす。

ハーゲンダッツとしても、全国にたくさんのチェーン展開しているコンビニとの提携はメリットが大きのでしょうか、コンビニ限定商品が増えていのかもしれません。

コメントを残す