奈良の大仏プリン本舗のプリンの感想とカロリーや味の種類

奈良のお土産や、お見舞いやプレゼントなどにとても人気のまほろば大仏プリン本舗のプリンを食べました。

奈良に美味しいプリンがあるというのを聞いたのは随分前ですが、奈良観光に出かけた家族がおみやげに買ってきたことがあります。

今回も奈良に行く機会があったので、大仏プリンを買ってきてもらいましたので堪能しました。

大仏プリンの味の種類

大仏プリンは通常のカスタードに加えていろいろな味の種類があります。実は蓋のデザインと色で味の種類がわかるそうなのですが、初めて行く場合は蓋だけを見て判断出来ないですね。

今回は、カスタード(小)とカプチーノを食べたのですが、よく見ると蓋の色が違うようにみえますね。カプチーノの方が色が濃いめでカプチーノっぽい色になっています。

大仏プリンの味の種類は季節によって変化するそうです。

現時点での種類と味をまとめておきます。

・まほろば大仏プリン 大(864円)(500ml)・・・カスタード(大)、大和茶(大)
通常のおよそ6倍以上の大きさのでっかいプリンです。1人で食べきるのもよし、みんなでシェアし合うのもよしですね。
・まほろば大仏プリン 小(378円)(80ml)・・・カスタード、大和茶、レアチーズ、ショコラ、カプチーノ、ヤマトの地酒(大和地酒「春鹿」使用)
通常の大仏プリンといえばこのサイズ。蓋にもなんとも言えない可愛いかんじの大仏さんが描かれています。
・白い鹿のプリン(432円)・・・モンブラン、ヨーグルト、ホワイトコーヒー
蓋に神様の使いとされる白い鹿が描かれています。プリンも特別な製法で作られた白いプリンにモンブランクリームやヨーグルトクリームなどがトッピングされています。
・さくらぷりん(453円)・・・奈良の県花八重桜をイメージしたプリンで、実際に吉野の桜がトッピングされています。ピンク色のパッケージに八重桜のイラストがかわいいので女性に人気だそうです。奈良観光みやげもの大賞受賞作でお土産にぴったりです。
・四神獣古代米プリン(648円)・・・青龍、白虎、朱雀、玄武
四神獣をイメージしたプリンで、青龍には緑米、白虎には玄米、朱雀には赤米、玄武には黒米という古代米が使われているライスプリンです。パッケージにそれぞれの色と神獣が描かれています。

実は、まほろば大仏プリンの大とまほろば大仏プリンの小は同じカスタードでも、味というか、食感が全く違います。

大仏プリンの大は、少し固めの昔懐かしいプリンです。大仏プリンの小は、口でとろけるような柔らかい口どけの今風のプリンです。

大仏プリンのカスタード味とカプチーノ味の感想

まずはカスタードの方ですが、トロトロのとろけ具合が最高です。そして、めちゃくちゃ美味しいです。

カラメルを付けないで食べても、美味しいですし、カラメルを付けて食べても美味しいです。

繊細な味がしますし、カラメルの香ばしさも損なわれていないのはやっぱり瓶入りプリンだからなのかもしれません。

いくつでも食べられそうな勢いに美味しいです。

まほろば大仏プリン本舗が、かなりのこだわりで作ったプリンだけあって最高に美味しいです。

原材料も、添加物を不必要に入れずに作られています(カスタードには香料のみ)し、牛乳や卵、生クリームなどは奈良地産にこだわりつつも安心、安全なものに厳選しているということだそうです。

次は、カプチーノですが、カプチーノにはカラメルソースは入っていないです。

よく見ると2層に分かれていますね。色も白いのですが、これは原材料表示でみると生クリームが1番に書いてあるので、生クリームがふんだんに使われているようです。

下の層にはコーヒーやカルーアリキュールが入っているのかカフェオレみたいな色をしています。

食べてみると、これも口どけのが最高です。そして、コーヒー感はあまり強くないです。やっぱり滑らかで生クリームが多いからなのでしょう。

滑らかで、トロトロのぷりんでした。下の層にコーヒー感が強めなプリンになっているのでカラメルソースはないですが、下と上をちょうどよいくらいで一緒に食べるのが良いかもしれません。

個人的には、カスタードが好きですが、カプチーノの生クリーム感とコーヒーの風味も捨てがたいほど美味しかったです。

大仏プリンの賞味期限とカロリーは?

大仏プリンはめちゃくちゃ美味しいのですが、気になるのはカロリーです。ですが、原材料表示のところにも、公式サイトの商品紹介のページにもカロリーが書かれていません。

ですので、カロリーはわからないのですが、上質の生クリームを使っているので、通常のプリンよりも少し高めと考えておいたほうが良いかもしれません。

通常のとろけるプリンは150kcal~180kcalなのでそのくらいと考えるのが普通だと思います。

大仏プリンの賞味期限(消費期限)ですが、買った日入れて2日後まで(10日に買ったら、12日中まで)でした。プリンそのものが蒸されますので、生菓子よりは長持ちしますが、消費期限なのでなるべく早く食べるのが良いかと思います。

大仏プリンの店舗と通販

大仏プリンが直接買えるのは、奈良県にある各店舗のみです。今回は、電車の乗り換えで寄った、大和西大寺駅の駅ナカ店舗になります。

大仏プリンの店舗は以下の通り。

本店 プリンの森・カフェ
〒630-8104 奈良市奈良阪町1073
営業/11:30~17:30(L.O.17:00)
TEL/0742-23-7515
近鉄奈良駅からバス115系統「高の原駅」行き高の原ゴルフセンター下車すぐ
近鉄奈良駅店
〒630-8215 奈良市東向中町29
近鉄奈良駅B1F 東改札口横
営業/9:00~20:00
定休日/不定休
ならまち絵図屋店
〒630-8222 奈良市餅飯殿町5
奈良もちいどのビル1F
ならクターショップ「絵図屋」内
TEL/0742-23-3131
営業/11:00~19:00
定休日/不定休
東大寺門前夢風ひろば店
〒630-8212 奈良市春日野町16
東大寺門前夢風ひろば 門前市場内
TEL/0742-24-3309
営業/10:00~18:00(季節により変動あり)
定休日/不定休
JR奈良駅 もも太朗店
〒630-8122 奈良市三条本町1番1号
ビエラ奈良2F
TEL/0742-22-7700
営業/10:00~21:00
定休日/年中無休
西大寺店
〒631-0823 奈良市西大寺国見町1-1-1
タイムズプレイス西大寺内
営業/9:30~21:30
定休日/不定休

大仏プリンのソフトクリームが食べられるのは、本店・プリンの森と東大寺門前夢風ひろば店のみになります。

また、ならまち絵図店には、限定のほうじ茶と奈良産柿ジャムのプリンがあります。

大仏プリンのソフトクリームは、食べたことがないのですが、ソフトクリームの生地の中にプリンをそのままカラメルソースも含めて混ぜ込んでいるそうです。

東大寺や春日大社などに行った際には立ち寄りたいですね。

大仏プリンはお取り寄せスイーツとしても人気があります。お取り寄せは、楽天市場の大仏プリン店で通販ができますので奈良に行けなくても大仏プリンを食べることが出来ます。

大仏プリンの通販⇒まほろば大仏プリン本舗楽天市場店

コメントを残す