天六の欧風カレーの人気店カルダモン.のカツカレー

ここ数年は、インド系のスパイスカレーがめちゃくちゃ流行っていますが、自分的には、昔からある日本的な欧風カレーの方が好みかもしれません。

もちろん、スパイスカレーもとても美味しいので好きなのですが、やっぱりあのカレー食べたいなと思うのはだいたい欧風カレーのお店だったりします。

天満や天神橋筋六丁目付近には、この欧風カレーの名店があり、学生の頃からあるどい亭は、バイトの給料が出たら通っていたくらいハマっていた時期があります。

その天六界隈に、現在欧風カレーの名店と言われているのが、カルダモン.です。こちらのカツカレーは絶品という噂を聞いたので食べてみました。

カルダモン.のカツカレー

ここの名物メニューといえば、カツカレーということで、メニューを見るほどでもなく、カツカレー一択。見た目がもうめちゃ美味しそうなので、食べるまでもなく、旨いっていうのがわかる気がします。

しっかり煮込まれている感がルーに溶けてほぼ形が無くなっている食材の名残がありますしね。

これは絶対に旨いはずということで、一口いきました。

はい、旨いです。

しっかり、しっかりとブイヨンの旨味が出ていて、コクがあって最高です。

ライスも硬めで粒がわかるくらいの炊き加減で、それがこういった欧風カレーにはマッチするんだと思います。

カツは揚げたてで、熱々で、サクッとした衣の食感が嬉しいです。カレーのルウがかかっていないところを先に食べて、楽しんで、カレーのルウがかかったところを後で食べると2度美味しいです。

脂肪分が少なく、旨味が多い肩ロース肉を使っているとのことです。

こんなにベーシックなカツカレーなのに、めちゃ旨いし、これはハマるの間違いないですね。

自分好みな欧風カレー、期待値も高かったのですが、それに答えて余りある美味しさでした。夢中になって食べて、まさにカレーは飲み物的な食べ方をしてしまいました。

カルダモン.のメニュー

カルダモンの基本的なメニューは、普通のカレーとカツカレー、そして、和牛厚切りカレーの3種。ピクルストッピングに+50円、激辛に+100円という感じです。

胃もたれしにくいように余計な脂を出来る限り除いて煮込んでいるのは年寄りには嬉しいです。香味野菜やフルーツを惜しみなく投入しているからこその、深いコクが出ているのでしょう。

また、期間限定や日替わりカレーがあるので、それを食べるのも良いかもしれませんね。

ちなみに伺ったときには、ひき肉と野菜の炒めカレーというものでした。期間限定のも美味しそうですね。

今度は激辛を食べてみたい気もしますし、和牛カレーも美味しそうです。

ちなみに期間限定カレーや日替わりカレーは、カルダモンさんのブログでも確認することが出来るようです。

アクセス

地下鉄の天神橋筋六丁目の12番出口を真っ直ぐに東に向かえば、商店街のアーケードを超えてすぐにあります。

店舗情報

営業時間:平日:11:30~18:00、17:30~20:00 土日:11:30~18:00
定休日:火曜日、祝日
座席数:カウンター10席

地図

まとめ

カルダモン.のカレーは、本格的な欧風カレーの王道的な美味しさがありました。

まさに自分の好みど真ん中な感じで、またわざわざ電車を乗り換えて行きたいお店になりました。カツカレーおすすめです。

ただ、人気店なので、平日のランチタイムとかはかなり混み合いそうなので、時間をずらしたりして行くと良いかもしれません。

並んでも苦にならないという方は、並んで待つのもまた良いかもしれませんね。

写真を見てたら、また食べたくなってきました。中毒性のある美味しさということでしょうか。やっぱり自分は、スパイスカレーよりも、欧風カレーの方が好きなのかなと、このお店に行って改めて感じました。

あと、どうでもいいのかもしれませんが、気になったのは、「カルダモン.」の最後にあるピリオド?中点?です。

これどっちなのでしょうか?お店の看板を見る限りにおいては、中点なのでしょうか?いろいろみるとピリオドでいいのかなと思いますが、この記事では、一応ピリオドで記載させていただきました。

コメントを残す