お歳暮の時期はいつから 関東と関西の違いと金額や喪中の場合

お歳暮のマナーについて、分かっているようで分かっていないので、いざ送るとき困ることないですか?

お歳暮の時期はいつから送るようにしたらいいのでしょうか。関東や関西、中部、東北などの地域の違いや、金額の相場、相手が喪中の場合はどうしたらいいのかなど、お歳暮のマナーについて調べてみました。

お歳暮の時期と地域ごとの違い

お歳暮ですが、だいたい12月頃に送るものというのが私の理解でしたが、関東と関西でも送る時期が微妙に違います。

これはお中元でも同じことが言えていましたが、地域によって時期がずれ込むので、親戚や母校の恩師などに送る場合には注意が必要です。

お歳暮とは、もともと江戸時代に勘定の決済を行うのが年末でしたので、そのときに来年もよろしくお願いしますとの意味を込めて贈っていたものだそうです。

商人の習慣だったものが、現在には、お世話にになった方に贈るものになっていったようです。

もちろん今でも、会社の取引先など多くの場合、会社での人間関係で贈ることが多いですし、それに加えて、恩師やお世話にになった方、親戚同士などに贈ることが多くなっています。

歳暮というのは、年の暮れということで、年末にお世話にになった方々あいさつ回りとして贈り物を手渡ししていたのですが、最近は宅配便などで配達することが一般的になっています。

さて、そのお歳暮の時期ですが、関東地方と関西地方やその他の地方とでは、時期が少し違います。

関東地方は、12月1日~12月20日頃までに贈るのに対して、その他の地方(関西、中部、東北北海道、中国、四国、九州)は、12月10日すぎから20日くらいまでに贈ることが通例になっています。

もともとは、12月中旬から贈ることになっていたようですが、年末の忙しい時期に日数が少ないので、関東では、12月に入ったら贈るようになっていったようです。

最近では、他の地方でも、10日ほどの時期に集中すると宅配業者がパンクするので、12月になっら贈るようになってきています。

お正月に食べてもらうように、冷凍のカニなどを送る場合以外は、年末押し迫る前に届くようにするのがマナーです。

12月15日前後には届くようにしておくと、どの地方でも対応できますし、配送が遅れても、20日には届くのでおすすめです。

お歳暮の金額と相場

お歳暮の金額は、送る相手によって変わってきます。毎年送っているところであれば、例年通りの金額になるかと思いますが、新たに贈るところは金額を考えないと、相手に負担になってしまったり、逆に失礼になってしまったりします。

おおよその相場がありますので、参考にして頂いて、もし同じような立場で相談できるのなら相談して金額を合わせたりするといいと思います。

親戚や知人・・・3000円~5000円
会社の上司、仲人、相手方のご両親・・・5000円~8000円
会社のお得意様・・・5000円~10000円(会社としておくる場合)
上記以外で特別にお世話にになった方・・・・5000円~10000円

お歳暮やお中元は毎年送ることになるので、そのあたりも考えて無理のない金額で贈るのがいいかと思います。

喪中の場合のお歳暮の場合はどうするのか

相手方が喪中の場合でも、49日が過ぎている場合は、水引なしで贈ることが出来ます。お歳暮はお祝いの品物ではないので、送っても差し障りがないですね。

ただ、まだ49日(忌明け)が済んでいない場合は、お歳暮の時期をずらして、1月15日~31日をめどに寒中見舞いなどで贈るようにしたほうがいいと思います。

また贈る側の喪中の場合も、忌明けがすんでいる場合は、通常通りに贈っても問題ありません。この場合も水引は避けて、白無地に、お歳暮とかいて贈るのがいいかと思います。

基本この辺りは、お歳暮を注文する業者さんにその旨伝えれば、水引なしのお歳暮を送ってもらえるように段取りしてくれます。

お歳暮は、年末の御挨拶という意味合いが強いので、上手に贈って人間関係の潤滑油として活用できたらいいかと思います。

 

コメントを残す