お彼岸とは 2017年はいつからかお供えのマナーなど

お彼岸さんとよくいいますが、2017年はいつになるのでしょうか?そしてそもそもお彼岸とはど言う意味があるのでしょう?由来なども調べてみました。

お彼岸とは 墓参りやお供え

お彼岸は、春と秋にあります。お彼岸はもともと古代インドから伝わってきた仏教の風習です。サンスクリット語の「波羅蜜(パーラミター)」から来ています。

その意味は、「至彼岸」ということで、彼岸に至るという意味ですが、悩みや煩悩を川に例えて、その川を超えて向こう側の岸にたどり着いたという意味です。

日本に伝わってきたのが、平安時代と言われており、かなり古くからの風習になります。

春分と秋分の日は、太陽が真東から上り、真西に沈むので、その西側を見てお祈りすると極楽へといけるといわれており、そこから、春分と秋分の日を挟んで、前後7日間をお彼岸として、お墓参りやお墓の掃除、仏壇の掃除などを行います。

お彼岸にお墓参りに行くのは日本独自の風習ですが、春は、自然や生命を慈しむ意味があり、秋は、ご先祖を敬いなくなった人を偲ぶという意味なども日本独自の思想で、遠く平安時代から伝わった風習が、日本独自のものになっていると言えそうです。

2017年のお彼岸はいつから

春分と秋分の日を中日として、前後7日間ということなので、2017年は、次の日程になります。

春のお彼岸の入り 3/17
春のお彼岸の中日 3/20
春のお彼岸の明け 3/23
秋のお彼岸の入り 9/20
秋のお彼岸の中日 9/23
秋のお彼岸の明け 9/26

春分と秋分の日は、天文台が発表しますが、確定しているのは、2年後まででそれ以降はまだ確定はしておりません。

お彼岸のお供えは何がいいのか おはぎとぼたもちの違い

お彼岸には、お墓の掃除、お墓参り、仏壇の掃除などをして、お供えをします。

春には、ぼたもちや和菓子を供える地域が多いです。秋のお彼岸には、おはぎをお供えをします。

地域によっては、彼岸団子や彼岸パンなどをお供えするところもあります。

ところで、ぼたもちとおはぎの違いですが、こしあんとつぶあんの違いではなく、基本的には、原料から作り方まで全く同じものです。

春には、牡丹の花が咲くことから、ぼたもちと言います。秋は中秋の名月に供える萩の花からおはぎと言います。

ちなみに、夏は「夜船」といい、冬は「北窓」といいます。これは、おはぎの作り方に由来があります。

杵でつかずに作れるお餅なので、言葉遊び的に、つきしらず⇒着き知らずで、着いたことが分からない「夜船」になります。同様に、つきしらず⇒月知らずで、月が見えない「北窓」になります。

お墓が遠くにある方も、春と秋のお彼岸には、お墓参りして、先祖へ感謝の気持ちをあらためて見てはいかがでしょうか?

コメントを残す