ペルセウス座流星群の2017年の極大はいつ

ペルセウス座の流星群の2017年の極大はいつになるのでしょうか?毎年お盆の頃にピークを迎えるので、三大流星群の中でももっとも観測しやすいと言われています。

ペルセウス座流星群の2017年の極大

2017年は、8月13日の午前4時に極大を迎えます。日本では、ちょうど観測しやすい条件が揃っていますが、ただ、月が下弦前で夜半には登ってきます。下弦前の月はまだかなり明るいので、暗い流星は観測が難しいと言われています。

ただそれでも、みられる流星は、1時間あたり35個ほどなので、観察していたらしっかり流星が見れると思います。

月が出ているところを見ないようして、星空の全体を見るようにするのがコツです。

流星群の放射点が高く登る頃が流星がみつけやすいのですが、ちょうど極大のころがそれにあたるので、月の明るさ以外は好条件がそろっています。

流星群は、放射点からすべて出現するわけではないので、月が視界に入らないようにしても流星は見ることが出来ます。

ペルセウス座流星群とは

ペルセウス座流星群とは、毎年8月の12日前後に活動のピークになる流星群です。毎年安定して流星が見られます。

三大流星群の一つで、他のは、12月のふたご座流星群と1月のしぶんぎ座流星群で、冬場なので、寒くて観測がしにくいのですが、ペルセウス座流星群は、お盆休みの真っ最中であることが多いので、家族で観測しやすいというのもあります。

放射点が、ペルセウス座のペルセウス座のγ(ガンマ)星の近くにあるので、ペルセウス座流星群と言いますが、放射点の付近だけで流星が出現するわけではありません。

放射点を見ると月も視界に入る場合には、月を視界から外すような方角を見ると良いです。

ペルセウス座流星群の観測しやすい方角

8月12日の夜は、放射点と月の位置がほとんど同じ方向になるので、放射点とは違う方向を見るのが良いと思います。

北西の方角を中心に、夜空全体をみると流星が見つかりやすいかと思います。

できるだけ星空が広く見える場所で全体を見るようにするのがコツです。

1時間に30個ほど見えるということは、2分に1回見えるという計算なので、夜中に1時間ほど見上げてみれば見れるのではないかと思います。

うまく行けば、綺麗に緑色のような残光を残して尾を引く流星がたくさん見れると思います。

観測において気をつけたいのは、夏なので、虫対策は万全にしておきたいですね。また、天候に左右されますので、高原や山間地などの標高の高いところは、夜は冷える可能性もあるのことも忘れずに。

雨がふることもあるので、天気予報をチェックして降水確率が高いようなら、ソフトシェルジャケットや雨具なども忘れずに。

コメントを残す