小松基地航空祭 2017年の日程や駐車場とツアーの情報

小松基地航空祭は、ブルーインパルスがやってきて迫力のある航空ショーを見せてくれることで人気のです。

また、色んなタイプの戦闘機などが編隊飛行、機動飛行、救難展示をしてくれる盛りだくさんの内容になっているのでたっぷり楽しめます。

2017年の小松基地航空祭の情報を調べてみました。

小松基地航空祭2017年の開催日程

今年の日程は2017年9月18日(月・祝)で、基地の開放時間は、7時45分から15時30分です。

イベントの内容はまだ未定だそうですが、例年ブルーインパルスの航空ショーがラストを飾る内容になっています。

参考までに去年のタイムテーブルを紹介します。

<2016年開催の小松基地航空祭 飛行展示プログラム>
7:45~8:35 オープニング
8:55~9:30 機動飛行(第6航空団)
9:30~10:00 救難展示(救難隊)
10:00~11:10 編隊飛行および機動飛行(飛行教導群)
10:00~10:50 編隊飛行(第6航空団)
10:45~11:05 F-2訓練展示
11:30~12:00 グライダー
13:00~13:50 ブルーインパルス

今年もある程度似たような内容になるとは思います。

小松基地へのアクセス

小松基地航空祭は、当たり前ですが、航空自衛隊小松基地で行われるイベントです。小松基地へのアクセスを紹介します。

小松基地航空祭会場へのアクセス
会場:航空自衛隊小松基地
住所:〒923-0961 石川県小松市 向本折町戊267
電話:0761-22-2101
JR小松駅から有料シャトルバス運行
北陸自動車道は、最寄りの安宅スマートICは小松空港利用者の妨げになるので、別のIC推奨、小松IC・片山津ICは混雑する模様なので、手前で降りる方が良いみたいです。

付近の農道などには駐車禁止になります。基地の周辺なので、かなり厳しいと思いますので、臨時駐車場が出来るので、そちらに停めるのがおすすめです。

小松基地航空祭の駐車場

車で行く場合は、周辺の臨時駐車場がありますのでそこを利用する形になります。臨時駐車場から、小松基地は、そこそこ距離がありますので、有料シャトルバスが運行されています。

ただ、朝からの分は混雑するので、歩いていくか、折りたたみ式の自転車で基地まで行くのも1つです。

小松基地には駐輪場がありますので、臨時駐車場までは、車で、そこからは、自転車で小松基地まで行くのが最も早く行けるはずです。

臨時駐車場:鉄工業団地臨時駐車場

小松基地は空港の滑走路を挟んで向かい側。シャトルバスに乗って移動するのが良いのですが、混雑するのですぐに乗れない可能性があります。

朝は5時頃から渋滞しますので、回避したほうが良いかもしれません。

臨時駐車場:串工業団地

こちらは、会場からは少し離れますが、広いので満車になりにくいです。北陸自動車道を加賀ICや美川ICで降りて国道8号線を利用する場合は、こちらのほうが便利だと思います。

小松駅周辺の有料駐車場

小松駅周辺の有料駐車場を使うのも一つの手です。小松基地周辺は朝から大渋滞するので、渋滞を避けて小松駅周辺に停めるのも基地に到着する時間は早くなるかもしれません。

小松駅立体駐車場や小松駅西駐車場が大きいのでおすすめです。名鉄協商小松駅東の駐車場は、遺跡発掘で利用ができません。また、ロータリー横の有料駐車場は、上限がないので停めるとかなり大変です。

小松基地航空祭のツアーの情報

小松基地航空祭に参加するツアーが毎年人気です。東京や大阪から、高速バスで参加するツアーが催行されています。

新宿・大宮出発のツアーは、日曜日の夜出発で、早朝に小松基地の中に到着できるので便利です。渋滞になる前に小松基地について、車内待機できるので、関東圏から行くには便利です。

ただ、車内泊2日あるので、ちょっと体力が必要です。

大阪と名古屋発のツアーは、航空祭が終わる時間が早いので、その日中に返ってこれるのでおすすめです。

大阪と名古屋のツアーは、日曜日の夜出発で、月曜日の夜到着になります。

 

コメントを残す